15/09/26 自作の消毒液

今日は子供の運動会でしたが、天気が怪しかったのと連日のトラブルで疲れきっていたので行かないことに。

おかげさまで静かな環境で映画を楽しむことができました♪

それでも時間が余るので食器洗ったり、洗濯したり、掃除したり。。。

最後に消毒液を作ったり。。。

日常で何かと必要となってくる消毒液。

創部を消毒する環境なども清潔に保つ必要があります。日ごろから手洗いや手指消毒は行っていますが、色々と手が触れる箇所(階段の手すり、ドアノブ、風呂場、トイレ、机など)は1日一回は消毒をしてます。

大体就寝前にやることが多いかな。。。


特にこれからの季節で怖いのはノロウイルス。詳しい話は長くなるので割愛しますが、ノロウイルスはエタノールやアルコールなどの消毒液に対する抵抗性が比較的強いと言われていて、次亜塩素酸ナトリウムによる消毒が有効と言われています。

ただ、この次亜塩素酸ナトリウムの消毒液は高いし種類が少ない、、、

我が家では次亜塩素酸ナトリウムの消毒液を自作して使っています。コストパフォーマンスも良いので。(注意点はあります)


必要なものは3点のみ。

・霧吹き

・水 500ml

・ハイター(白物衣類用) 2cc

 ※キッチンハイター、ワイドハイターなどはNG


これで次亜塩素酸ナトリウム濃度0.02%の消毒液が作れます。

作り方は超簡単。霧吹きは予め濯いで、水を少し入れておくのがポイント。霧吹きにハイターと水を入れてシャカシャカするだけ。

日持ちしないので頻繁に作り直す必要がありますが、それでも水とハイター(超少量)しか使わないのでコスパ最強です。

当たり前ですが、以下は注意ください。


・酸性の洗剤と混ぜないこと。

・ゴム手袋などを使って作ってくること。

・金属への消毒は腐食するかもしれないため、使用後に吹き上げする。


ちなみに嘔吐物や便などへ散布する場合は次亜塩素酸ナトリウム濃度0.1%が良いそうです。

水500mlに対してハイターを10ccにすればよいと思います。

我が家では濃度の違った消毒液を作って使ってます。

それぞれ洗面所、キッチン、トイレ、自室へ置いてあると便利です。邪魔ですが...

※実践する場合は自己責任でお願します。