15/10/18 睡眠の悩みは深い

睡眠についての悩みは深いです。

一番初めに不眠になったのは補助人工心臓をつけてICUにいた頃です。

約一ヶ月ほどまともに寝れませんでした。

(実際に寝ていたこともありましたが、後述のこともあり寝た気は0でした。)

絶飲食も辛いですが、私は寝れないことのほうが辛かったです。

ICUから一般病棟に移った夜、よく眠れました。

翌朝はものすごく気分爽快だったことを鮮明に覚えています。

それ以降は退院するまで不思議なくらい寝ることができていました。


退院してからは不眠に悩まされています。

具体的には入眠ができず、今では途中覚醒も出ています。

3日連続で寝れなかった日などは気力・体力も限界で大変辛かったです。

寝れない理由は色々あると思いますが、自己解決できないので眠剤に頼っています。


過去のブログ(寝れない日々ようやく寝れた尋常じゃない暑さで外来もツライ)でも書きましたが、現在も一筋縄にいってません。

最近はリスミーとマイスリーのどちらかを服用していましたが、今日からアモバンに切り替えます。

作用時間はマイスリーより若干長いとのことですが、これで上手く寝れることを願います。


リスミーはよく寝れるのですが、ちょっと使い方が難しかったです。

自分の場合、薬の作用が昼くらいまで残るので午前中に活動できなくなります。

なので最近はマイスリーを使っていたりしましたが、そのマイスリーも問題があり眠剤自体を使わない日も増えてきて、最近は睡眠時間が短くなってきていました。

今回色々と問題を起こした遠因には睡眠によるものもあるでしょうという臨床心理士さんのアドバイスを受け、心療内科も受診してきました。

そこで相談をしてアモバンを処方してもらいました。


自分だけかもしれませんが、マイスリーを服用すると幻視がおきることがありました。

それも結構気持ち悪く、恐怖を感じるものでした。

一番多い症状としては、薄っすらと人の目が100個くらい見えてきて、その目が自分を見つめるというもの。

それ以外にも馬鹿デカイ目が迫ってくるなど、、、

はじめは幻視と理解できず、自分がどうかしてしまったのではないかと思いました。

しばらくしてから途中覚醒もおこるようになったのでマイスリーも利用しなくなってきました。


幻視といえば、補助人工心臓を装着した直後は酷かったです。

おそらく鎮痛剤からきていたものかと思いますが、こんなことがありました。

・貞子みたいな人が病室のカーテンの隙間から覗いている。

・壁や天井の一部がグルグルと回りだす。

・もう一人の自分が横たわっている。

・サイケデリックな何かが見える。


幻視以外のことも色々とありました。

当時は何がなんだか理解することが出来ず苦しみましたが、後から色々な人から話を聞いて現実に起きていた内容ではなかったのだと理解できました。

(直ぐに理解できたわけではなく、結構な時間がかかりました。)


だらだらと書きましたが、言いたいことはひとつ。


眠れるってスゴイ!!


以前の自分ではあたり前でしたが、今となっては、、、

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    メロンパン (月曜日, 19 10月 2015 10:10)

    幻視が起きたら私だったら発狂しそうです。
    眠れなかったり、幻視まであると精神的にも疲れてしまいますね。
    応援してます。

  • #2

    プチ(管理人) (月曜日, 19 10月 2015 16:31)

    >メロンパンさん
    最近では幻視があっても「今日も出てるな〜」ぐらいの感覚で怖くはないのですが気分は良くないですね。

    応援ありがとうございます‼︎