補助人工心臓の機器トレーニング

本日は病院まで補助人工心臓の機器トレーニングを受けに行ってきました。

今回の対象は父。復習をかねて母、姉、私も同行してきました。


電車ではこんな感じで膝の上に乗せてます。

そうすると儀式のように向かい側や隣りの乗客に凝視されます。

もう慣れてしまったので凝視されても何の感情もいだきません。w

少しは補助人工心臓の認知に役立っているとうれしいのですが。

こんな感じで実機を使いながらトレーニングしてもらいました。

説明していただいているのは美人な技師さんです。

(*/∇\*)


赤枠の物体がポンプの実物です。

実際には左心室から脱血してポンプを経由して大動脈へ送血されます。


ちょうど白っぽいチューブがループになっている部分がそうです。

今回はデモなのでループしていますが、実際にはそれぞれ左心室と大動脈へ繋がっています。


ちなみにチューブが白っぽくなっていますが、これはデモ用なのでチューブに水と空気が入っているため、白く見えているだけです。

ダウンロード
EVAHEART デモ映像
実際にポンプを駆動している映像です。
(ちょっとしかありません、、、)
evaheart.mov
QuickTime ビデオフォーマット 589.9 KB

トレーニングのメインは機器の取扱いと非常時の対処方法です。

一番重要なのは機器故障時の対処方法と緊急時の連絡方法等です。

機器故障時の対処方法としてバックアップ用コントローラーへの接続切り替え手順をみっちりと学習してきました。

とりあえず問題なく終了。

ついでに復習の意味で家族全員一人ずつバックアップ用コントローラーへの切り替え手順を実践してきました。

こんな感じで最後には筆記テストをします。

間違えたところがあれば該当箇所を重点的に復習します。

とりあえず合格です。

 

こんな感じで今日も病院でした。

金曜日は外来と会社関係者への機器トレーニングがあるので、また病院へ行きます、、、


最近の外出先No.1が病院になってきています。w

コメントをお書きください

コメント: 4
  • #1

    パンチ (火曜日, 03 11月 2015 00:23)

    こんばんは!アメブロから来ました。補助臓器、取り扱い大変ですね…(゜゜;)
    周りの協力欠かせないですね。私も、拡張型心筋症を発症してしまい、今は幸い落ち着いてますが、不安になります。
    容態が、安定しますように。

  • #2

    プチ(管理人) (火曜日, 03 11月 2015 10:53)

    >パンチさん
    初めまして。
    自宅療養は周囲のサポートが不可欠です。
    とは言え、車の運転と子供のお風呂世話以外は大体自分でできるのでそこまで深刻には捉えていませんw
    パンチさんも容態が安定するといいですね。
    今は細胞シートの臨床も進んでいますので、そちらも利用できるようになるとよいですね。

  • #3

    オリヒメ (水曜日, 04 11月 2015 09:07)

    会社関係者への機器トレーニングまで話が進みましたか・・復職への第一歩ですね。よかったよかった。

  • #4

    プチ(管理人) (水曜日, 04 11月 2015 22:00)

    >オリヒメさん
    ありがとうございます。ようやく進みました。
    ただ、トレーニング対象者が多いので何回かに分けて実施するように調整しています。
    一応年内復職を目指しているので、この後はノントラブルな日々を過ごしたいです。