日々の体力維持方法

最近は出不精になってきてしまったので、デブに磨きがかかっています。w

太ることはそもそもN.G.ですが、動かないと太るだけではなくて筋力まで低下してしまうのでマズイです。

それでも入院中から続けていることがあります。

下半身を中心とした筋トレです。

これはVADに詳しい理学療法士さんから伝授された内容です。


私の場合は、主にスクワット・足上げ・つま先上げ・かかと上げ・腿上げをやっています。

このメニューにプラス500m以上歩くというのが追加されています。

 

運動するタイミングも重要となっています。

いくら人工心臓をつけたからといって心臓が悪いことには変わりがありません。

今以上に悪くなってしまうこともマズイです。

なので、毎食後に服薬した薬がしっかりと効いた状態で運動・筋トレをするようにしています。


必要以上に血圧を上げないように筋トレの負荷も重要ですね。

基本的に自重以外の負荷はかけないようにしています。

それでも自重だけだと効果が出にくいんですよね。回数をこなせばよいという話もありますが、腰や膝に爆弾を抱えている自分にはちょっと厳しいです。

そこで心不全になる前にこなしていたトレーニング方法を組み込んでいます。

 

4年くらい前に東大の理学博士が出版した本を読みました。

それを応用して実践しています。

これはマジで効きますよ。

 

健康な人もぜひ!! 

「倒れるだけで腹筋!!ワンダー○ア」なんて (・_・ )ノ" ゚ ポイッ

 

一生太らない体のつくり方


いわゆるスロートレーニングですね。

まずは体の仕組みから優しく詳しい説明があり、後編で実践方法が記載されています。

本当に痩せたい方にはお勧めします。

(とりあえずは前編だけで十分だと思います)

私の実践している方法を一つ紹介します。

スクワットです。

 

私は膝もよくないのでスクワットの回数をこなすのがキツイです。

このスクワットを少ない回数で効果的に実践する方法です。

まずは普通にスクワットを10回やってみてください。

 

 

 

 

ちゃんとやりましたか?

やらないと効果の違いがわかりませんよw


 

 

 

 

 

それでは以下の点を守ってスクワットを10回やってみてください。

・膝は絶対に伸ばさない。

 しゃがんだ姿勢から立ち上がるときに、立ち上がりきらない(膝がほんの少し曲がった状態)

 

・しゃがみこむときもしゃがみきらない。

 空気イスをやっているような感じのところで止める。

 

・1回のスクワットを10秒から15秒かけて行う。

 スクワットするスピードは常に一定にして緩急をつけない。


・呼吸を止めない。

 

いわゆるインナーマッスル(深層筋)という赤身の筋肉(遅筋)を鍛えられます。

※あくまで私の場合ですので、疾病を抱えている方が実践する場合は主治医へ相談くださいね。


私はこのトレーニングを実施することで、息を上がらせることなく充実した疲労感を得ることができています。

運動は大事ですね~~~。頑張れ自分!!



というか今日病院へ行ってきてエラーを解除してもらったのに早速再起動しているし。。。

復活しなくていいのに。