お料理教室を開催

長女が結膜炎にて保育園をお休みで、ヒマヒマ攻撃をされていたので夕飯のお料理教室をしました。

ちょうど美味しそうなキンメとアジの干物&イカをいただいたのですが、残りの品をレクチャー。

冷蔵庫に入っていた食材で衣笠丼もどきと味噌汁にチャレンジしてみました。


野菜を洗うところから始まり包丁、焼き、味付けまでさせてみました。

ハプニングといえば、卵を片手で溶いていて床にドバーしたくらいです。もちろん私じゃないですよw

それにしても床にドバーした卵を掃除するのはキツイぞ(;_; )

味見と称して執拗に食べるのは我が子の証ですw

毎度のことながら料理教室はバタバタするので写真を撮り忘れます。

もう少し平和に料理できるようになったら撮れるようになるかな?


自由を取り戻しつつある環境では、以前楽しんでいた趣味を再開してくなってきます。

とりあえずバイク


もう乗りたくて乗りたくてたまらない。しかもトルクが太い超大型ネイキッド。

SSも乗りたいけど今はゆったりと余りあるパワーでツーリングできるバイクがいいなぁ。

こんなものを観てしまうとなおさら、、、

でも峠にも行きたいw



そうそう、気が付いたら背中の痛みは無くなっていました。

阿藤 快さんが大動脈破裂胸腔内出血で亡くなられて日が浅いですが、阿藤さんも背中の痛みを訴えていたということでワイドショーでは「そのサインだったのでは?」などと報じています。結果を知っている今だからころそのようなコメントが言えるのでしょうが、背中の痛みを重篤に感じる方は少ないと思います。

よく「あの時、病院へ行っていれば」とか、そういう「後からコメント」が悪いとか卑怯とはいいませんが、そのサインを自分で「病院へ行く」という動機づけにすることは並大抵なことではないと思います。

という私もその一人だった思います。

実際に大病をしてみないと分らないものです。


ちょっと脱線しましたが、阿藤さんは「背中が痛い」というちょっとしたことでも重篤な病気が潜んでいる可能性があるということを世間に知らしめたと思います。

それは阿藤さんが残してくれた世間への最後のメッセージの一つにも思えてきます。


さぁ、明日は会社への機器トレーニング最終日だ!!

気を引き締めて寝よう!!

寝れるかな...

シェア・ツイートする