回想 手術直後

補助人工心臓の手術を受けた直後の記憶

術前と術後の苦しみが未だにごちゃ混ぜになってあるところがあります。

とりあえず、術後だと認識している部分のみ書いてみます。

ちなみに当時の状況を書くと涙がでてきます。

なので涙を流しながら書いてみます。

気が付いたらどこかの部屋にいた。

部屋の形はよく覚えていない。

それでも確かに覚えていることがある。

 

女性に話しかけられたところから記憶がある。

 

動けない。

手足が動かない。

 

 

意識は混濁していたと思う。

手術したことや人工呼吸器が入っていることも理解できていなかった。

しゃべれていないことにも気付いていなかった。

そして、ただ天井を見つめていることしかできなかった。

 

 

 

トイレに行きたい。

何とかして看護師へそのことを伝えたようだ。

ベッドで寝たまま洗面器のようなものをお尻の下へ入れられる。

 

出ない。

いつまで経っても出てこない。

暫くして洗面器が外される。

 

これを何度となく繰り返したと思う。

そして「プチさん、オムツはいているからそのまましていいんだよ」と言われた。

どうやって意思を伝えたのか覚えていないが、断った記憶がある。何度も。

 

それでも暫くして抵抗もむなしくオムツへ。

そして、その後に拭かれるのが精神的に辛いし、体も激しく痛い。

何度となく「そのままでいい!!」っという意思を伝え、看護師から怒られた。

 

そして数多くの不思議な体験が自分を悩ませた。 

自分の横たわっている病室へ入る。

ありえない話だが、自分を見たのである。

まるでお見舞いへ行くような感じ。

何度かあった。

船の中。仕事をする。メールが消える。学会に出る。

絶対にありえない状況。

なぜか大型の船に乗っていて暗い部屋に入れられている。

ノートパソコンで上司へメールを打っている。

そして、メールを打つそばから消えていく。上司へ電話をして謝る。

何故か心臓に関する学会を聞きに行く。

これが永遠にループした。

何もが回る。色鮮やかな世界。

これは少し時間が経ってきてからだと思う。

なぜそれが分るかというと天井以外の場所を少し見れていたからである。

何かに焦点を合わせると、その場所が渦巻きのように回りだす。

天井、カーテン、窓・・・

色々なところが回りだす。

回りだすと何故か色鮮やかな世界になるサイケデリックな体験をした。

恐怖の世界

サイケデリックな体験と同じ時期に苦しんでいたこと。

カーテンの隙間から誰かが覗いている。

それも恐ろしいものが何度も何度も覗いてくる。

仕舞いには窓から這い出てきた。貞子のように。

ここまでは人工呼吸器をつけた状態でのこと。

妻曰く、目が普通じゃなかったと。

 

医療用麻薬を使用していたようだし、せん妄状態だったのでしょう。

もう二度と味わいたくない経験です。

 

徐々に意識がはっきりとしてきます。

そうすると今度は身体的な辛さが現れてきます。

これは別の機会に書くとします。

 

つづく