調子悪い・・・ そしてINR値3.5

月曜日から少し体調が優れない。

朝仕事に就くのだが、続けるのが辛い状況。

月曜日はお休み。

今朝の体調も良くなかったので午前半休して体調を戻す。

昼から仕事につきメール処理とTV会議2本をこなす。

色んな案件がディレイしていく・・・

その状況を作り出している自分を少々情けなく感じる。

先の体調が読めないので、明日は出社を止めて在宅勤務スイッチしときました。

明日は2倍速で仕事をこなしたいなぁ

INR値が大幅変動

ここ最近はPT-INR値が2.7~3.1の間で落ち着いていました。

服薬量も変わらない(若干減っている)のに関わらず、今日は3.5という高値をたたき出した・・・

よってワーファリン服薬量を下げて毎日2.5mg服用となりました。

次回測定は金曜日です。

一度脳出血をやっているだけあってINR値が高すぎると不安を感じます・・・

プチも注目!! 順天堂大学で開始

昨年、プチが入院していた頃ですがApple社より医学研究者向けにResearchKitのリリースが発表されました。

職業柄、この手の情報をウォッチしています。もちろん入院してもです。w

急性期以外は基本暇だったんです・・・

 

このキットを使ったアプリのリリースはいつかな?と思っていましたが、こんなにも早く日本で出現するとは思いませんでした。

順天堂大学でiPhoneを利用した難病の臨床研究を開始されるそうです。

順天堂大学、iPhoneアプリを活用した難病の臨床研究を開始

前から同じような仕組みはあったと思いますが、計測・記録・計算・出力などを一括してiPhoneというデバイスで行えるのは素晴らしいですね。

患者自ら臨床研究へ貢献できるという意味合いも素晴らしいと思います。

早速入れてみましたが、やはりUIや大まかな作りは他のアプリと同じですね。そりゃキットですからねw

 

他のアプリというのはスタンフォード大とオックスフォード大にて開発した心臓血管疾患の発症リスクを予測するアプリ(My heart counts)とかです。残念ながら日本のiPhoneへ簡単には導入できませんが、ちょっと詳しい方なら導

入できるでしょう。プチは過去に入れてあったので、久しぶりに起動してみました。

 

ちなみにResearhKitの開発はApple社が独自で行っているものではなく、多くの医療関係機関と連携して開発されています。心臓関連でいうとアメリカ心臓協会(American heart association)なども含まれます。

 

順天堂大学で開始したものが「ロコモニター」と「ぜんそくログ」という名前のアプリです。

当たり前ですが、各種同意文書が日本語なので分りやすいです。

 

こういう医患協働の研究を行えるような仕掛けも普及してきて欲しいものです。

そういえばAppleさん。以前からエンタープライズ向けの機能を厚くするといった発言をしておりますが、いつになったら実現するのでしょうか?

っという愚痴を書いてみます・・・・