移植を前提としない補助人工心臓利用

吐気も治まってきたので、ブログを更新します。

このまま回復すれば明日は仕事できそうだな。

 

先日、主治医よりある医療誌の記事を共有いただきました。

それはVAD患者、家族等に関するコミュニケーションの重要性についても書かれていました。

本ブログへのアップロードは問題なので、記事のリンクを貼っておきます。有料です・・・

The Journal of Heart and Lung Transplantationより

 

気付いたこと その①  DT利用が多い

調査したVAD患者の内訳を見たところ、移植を前提としない補助人工心臓の利用(DT)が多いのに驚いた。

移植を前提とした補助人工心臓利用(BTT)は調査対象の1割、残りの9割がDTでした。

日本におけるDTは保険診療対象外なので、補助人工心臓と言っても「国によって使われ方が違うんだな~」っと再実感しました。

 

日本でもDTについて議論されています。

詳しくはコチラ

日本臨床補助人工心臓研究会

 我が国における植込型補助人工心臓適応適正化の考え方:Destination Therapyについて

気付いたこと その②  高齢である

調査したVAD患者の年齢内訳を見ると、平均60歳でした。

これは何を意味するのだろう?

何となく想像することはできますが、やはり想像の域を出ない。気になる。

その他にも色々と書かれておりましたが、プチの英語力では正しく理解できたのか不明です。。。

あくまで一つの記事しか見れていないので、少し消化不良です。もっと見たいw

世界旅行

補助人工心臓を装着しているので海外旅行はできません。

国内でも病院からの距離、移動手段など色々なことが制限されます。

移植したらどうなのだろう?海外へ行ったという話しも聞くが、よほど状態が安定していないと難しいんだろうなぁ。

台湾、ベトナムへ行きたかったけど衛生面で無理だろうな・・・

ぱっといける世界旅行 Google Earth!!

よく活躍しています。結構楽しいです!!

今回は少し変わったGoogle Earthの魅力をご紹介。

プチはこの何処かにいます。

自宅をストリートビューで見れてしまうのは少し気持ち悪いですね。

絶対楽しいはず!!

Google3Dマップの変換アルゴリズムの狭間へ落ちてしまったのでしょう・・・

空中に浮いているような構造物で影の描写が少ないと、こんなかんじで判定・処理されてしまうようです。

こんな道があったらバイクで通ってみたい。絶対楽しいだろうなぁw

 

ちなみにアメリカのほうが3D表示がしっかりしているので、余計に目立ちます。

こんな変なものを探し歩いています。。。

いきなり難易度を上げてみます。

さすがにこれは遠慮いたします。死んじゃいますよ・・・

伊豆のループ橋

アメリカほど3D描画が出来ておりませんが、これもかなりの難易度になってます。

普通にバイクで通っても苦手なのに、こんなにハードル上げられたら通れなません・・・

スウェーデン国王が来てたんだ・・・