回想シリーズ 入院中

今日はマウスが壊れた。破壊したのではなく壊れた。

ハードパンチャーなのでキーボードもよく壊れる。

退院してから2台購入。内1台はそろそろヤバイ。

プチとしてはマウス・キーボード共に消耗品扱いです。

どうせ壊れるからと激安品しか買わなくなってきています。^^;

本当はメカニカルキーボードを使いたいんですけどね・・・

 

久しぶりに日記を開いたので、回想シリーズをお届けします。

(VAD装着後、3ヶ月ちょっとの頃です。)


2015年5月22日(金) 晴れ

今日は久しぶりに体調がいい。

ただ、短時間で色々とスケジュールを組まされたので少々大変だった。

しかし、それでも身体が軽く感じるのはやはり調子が良いのであろう。

 

リハビリに○○○がついてきて、○○先生へ「VADを入れて姿勢が変わった」と言った。

俺だって背筋を伸ばしたい。

でも今はそれが出来ない。

やれないのではない、怖くて出来ないのだ。

傷が開くかもしれないという恐怖と鈍い痛みによって自然に猫背となってしまう。

猫背を解こうと思ってもなかなか自分に勝てない。

 

夕方になり病院事務から傷病手当申請用の診断書が届けられた。

書類へ目を通し、「自分は大変なことになってしまったんだ。」と改めて感じた。

「現時点では労務不能である。」との記載があり、自然と涙が出てきた。

 

一家の長として情けない。

 

絶対に復職してやる。

そして移植まで持ちこたえ、先の未来を生きてやる。

自分のために、家族のために。


個人名などは伏せますが、誤字脱字も含め出来る限りありのままを記載しています。

中途半端に終わっていることも多いですが、それがその時の心情だったのでそのままにします。

他の回想シリーズはコチラからどうぞ。

VAD装着前

・VAD装着後

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    西村 (木曜日, 03 3月 2016 20:53)


    ブログを何度か拝見させてます。
    今回ははじめましてコメントさせていただきます。

    はじめまして!
    九州の佐賀県に住んでて
    VAD装着をして移植待機をしています。
    西村と申します。

    テルモのDuraheartを装着して
    明日でちょうど1年になります(^-^)
    今は、その検査のために
    入院をしています。

    普段は、会社勤めをしていて
    仕事のピークが一段落したので
    1週間ほど時間をいただきました。

    術後身体中に痛みがあった事
    ものすごくわかります……

    とくに体重を量るために
    ハンモックみたいな装置で
    胸が自然と広げられた時は

    看護師に暴言を吐くほど辛かったです。

    そして、胸腹部撮影で
    背中に板を挟むときに上体を反らす
    これもキツかったです

    まぁーいろいろとあげると
    キリがありませんが(笑)

    本当にこんな調子で
    自分は並の生活を取り戻せるのか…?と
    不安になりました。

    しかし、共に病棟で過ごした
    VAD患者の方へ救ってもらい
    なんとか持ち直す事ができました。

    本当にこのブログの内容には
    忘れてはならない事

    伝えなければならないものを
    感じました。

    また、顔を出しにきますので
    よろしくお願いします。

  • #2

    プチ(管理人) (木曜日, 03 3月 2016 23:28)

    >西村さん
    初めまして。コメントありがとうございます!!
    ちょうど一年ということは入れた時期は近いですね。
    お仕事もされているんですね。私も繁忙期の最中なので大変です・・・
    それでも会社で頼りにされるのは嬉しいことですね♪

    私も他のVAD装着者の方達に救われました。
    VAD装着直後は右も左も分らない状況なので、他の方と接する機会というのが非常に重要だと感じました。
    とりあえず「伝える」というほど偉くもないので、ありのままをさらけ出すことで他の方が各々感じていただければと思います。
    なので、良い側面だけでなく悪い(?)側面もありのまま書いています。w
    それでも本当に過激すぎる内容は手元の日記に残していますけど・・・
    いつか公開できる日が来ればと思います。

    ぜひこれからもいらしてください!!
    よろしくお願いします。(o^-')b !