ヘルプマーク 「プラスα」の作り方講座

障害を示すのではなく、配慮して欲しい内容を示そう

有言実行

このやる気はどこから出てくるのだろう?不思議だ・・・

 

今日はダイソーまでお出かけしたので、よさそうな材料を調達してきました。

今回はコチラの二品をチョイス。

 

 

使ったのは右側の商品です。

 

ザックリ作ってみました。

まずは蓋を外します。

中に入っている台紙は使いますので捨てないように。

さっとイメージを作って印刷。

優先席って表現はあまり好きじゃないなぁ・・・

 

何かよい言葉は無いだろうか?

台紙を重ねて、鉛筆で縁取りします。

※紫色の部分を若干大きめに作成していたので

鉛筆で縁取りしたとおりに切り出します。

はめ込んで完成!!

 

ちなみに両面表示できるようになっているので、クルンっと回ってしまっても大丈夫です。

 

 

プチ的には納得。

後はちゃんと高解像度でイメージを作り直してみます。

そして、実生活で利用してみたいと思います。

席譲ってもらえるかな~?

 

どんなバッチが必要?

聴覚障害をお持ちの方が電車を利用した際、補聴器がウォークマンのイヤホンに勘違いされてしまい嫌な思いをされたことがあるという記事を見たことがあります。

 

そしたら「補聴器」、「聴覚」、「筆談」などのバッジがあってもよい気がする。

他には何があるだろう? 

皆さんの思い浮かぶシュチエーションをお待ちしております。^^;

 

※追加で以下フォームを作ってみました。

 ご意見お待ちしておりま~す。


メモ: * は入力必須項目です

facebook等でシェアしていただけると幸いです。

発信を続ける以上、多くの方に知ってもらいたいと考えております。

移植医療啓発に少しでも役立てればと思います。

いいね」と思った記事がありましたらシェアいただけると励みになります♪

facebook以外でのシェアもどうぞ