恥ずかしくもVADステッカーを貼る理由

残念ながら世間には血の気が多い人などが沢山います。

補助人工心臓を装着するまでは特に意識することは無かったのですが、今は極力絡まれないよう注意しています。

特に電車です。

※先日のブログ記事の続きです。


周囲から見れば単なるリュック

残念ながら周囲から見れば単なるバックです。

こんな感じです。

病院のCT室でさえ同じことを言われましたから・・・

 

私はVADステッカーをつけているので、「何かやばそうな物ぶら下げてんな~」くらいは認識されていると思いますが、

VADステッカーが無ければ全く分らないと思います。

「だせ~バック」くらいには思われるかも知れませんがw

二種類の持ち方があります。

EVAHEARTは付属するストラップを取り替えればショルダーバックタイプ、リュックサックタイプとどちらも可能です。

初めはショルダーバックタイプを使っていましたが肩の片側に荷重が集中するので凄く痛いし、ショルダー部分が胸の傷とこすれて出血もしました・・・

 

決め手は後方からの追い越しされた際にコントローラーをぶつけられたこと。

ショルダーバックタイプだとVADステッカーは目につきにくいから意味も少ない。

前からくる危険は自分自身で自衛できますが、後ろからの危険には対処しづらい。

そんな出来事もあってリュックタイプへ変更しました。


プチから見たリュックサックタイプの利点・欠点

利点

・両肩へ均等に荷重がかかるので身体のバランスが取りやすいです

・ショルダータイプより両手の自由度が高い

・コントローラーがあまりフラつかない

 

欠点

・スーツに似合わないスタイル・・・

・背中が熱い。夏場は地獄・・・

・胸が若干開くような感じがあるので、慣れるまでは胸の傷を気にしながら使っていた


ちょっと違う? ドライブラインの収納方法

イラストのようなドライブラインの取り回しとはちょっと違います。イラストの取り回しだと明らかにドライブラインが屈折してしまう気がするのですけど・・・

どちらが正しいのだろう?

病院からは以下の方法を指示されたのだが・・・

 

極力ドライブラインの危険(露出)を避けるため、あまったドライブラインをバッグ内へ折れないように収納します。

バッグを閉めるとドライブラインも最小限の露出で済み、すれ違い様に引っ掛けられるリスクも少なくなります。


超不安なこと

このピンク枠部分のループが不安。

完全にリュックの持ち手に見える。しかもこれ以上にないくらい簡単に掴めてしまう。

 

普段の生活で一番脅威を感じるのが人ごみ(特に電車内)です。

普通ならこんなリュックの持ち手部分のような箇所は引っかかることはありません。

ただ、悪意があって持とうとした場合はどうでしょうか?

この部分。大げさではなく

本当に命を絶つことができてしまうほどのウィークポイントなんです。

ドライブラインが千切れなくても中の電線が断線してしまいえば、お仕舞いです。

バックアップコントローラーも意味を成しません。


電車の中は変な人も多い

皆さんも経験はありませんか?些細なことで口論や小突きあっている光景。

元VAD装着者からも直接お話を聞いたことがあります。

 

そんなモンつけて電車のってんじゃね~よ!!

 

 

こんなで感じで手を出されるような場面になったそうです。

その方は屈強な方なので大事には至らなかったそうですが・・・

そんな光景になった場合、相手(プチ)を掴む場所として最適な場所がこのループ部分になります。

先日、他のEVAHEART装着者と共感した部分です。

怖すぎる・・・

 

電車以外でも街中を歩いているときにも気になります。

後ろから血の気が多い人が

 

おい、お前!!

 

 

と引き止めるときは腕ではなくこのループした部分を掴むことでしょう。

何故そんなことを気にするかというと、「自分ならそうするから」です。

だって

 

 

掴んでくださいと言わんばかりに掴み易いだもん・・・

 

 

そんなこともあって電車や街中ではおとなしくして、いざこざへ巻き込まれないように注意してますよ・・・

ドライブラインの始りをオフセットすれば?

下手くそな絵ですみません・・・

現在は右上からドライブラインの露出するが始ります。

一旦ケース外へドライブラインを逃がして(ループして)から再度ケースに入れて余剰分を収納しています。

 

じゃあ、ドライブラインの始りを下の方へオフセットすればループを無くせるんではないか?というのを考えていました。

これだと一旦バッグ外へドライブラインを逃してやる必要がないのでループも生まれません。コントローラーやバッグに工夫が必要と思いますが・・・

 

少なくともプチともう一人の方は

 

怖え~~

 

のです・・・


facebook等でシェアしていただけると幸いです。

発信を続ける以上、多くの方に知ってもらいたいと考えております。

移植医療啓発に少しでも役立てればと思います。

いいね」と思った記事がありましたらシェアいただけると励みになります♪

facebook以外でのシェアもどうぞ