視野欠損 どうやって順応したのか?

前回記事の続きです。

初めは病室のテレビやスマホを弄くる気持ちにもなりませんでした。

しかし、病室から一歩も出られない身だったので仕方なく慣れることにしました。

しかし本はダメだった。

小説を2ページ読んで挫折したのを覚えています。

読みにくくて挫折というより、読めない状況の自分に対して嫌気がさしたのが正直なところです。

その時に読んだ小説はなぜかサイレントヒル・・・

恐怖に飢えていたのか?


楽しく順応する。

妻様に当時薦められたスマホゲーム「ディズニーツムツム」です。

 

パズル系ゲームは得意分野なのですが、初めは全然出来ませんでした。

凄くイライラしたことを覚えていますが、ゲームなのでそれなりに楽しく続けることができました。

おかげで 視点の使い方 を工夫することで視野欠損へ順応できることを気付きました。


視点の使い方とは?

私は中央右方が見えません。

だったら

 

視点中央を右側へずらして、左側で物を見ればいいんじゃね?

 

 

単純な発想です。

しかし、生まれてから三十数年続けてきた視点を右側へオフセットすることは並大抵ではなかったです。

はっきり行って苦行の連続でした。

様々なフォントサイズの横文字を読みました。

左から順に文字を読み進めることがほぼ不可能(超時間がかかる&超イライラ)なので、ある程度の文字(5~6字くらい)を左側から読む方法にチャレンジ。

今ではある程度習得したので仕事も問題なくできるようになっています。

これが習得できなかったら職場復帰は厳しかっただろうな・・・

トレーニングの副産物

サプライズエルサのスキルレベルはMAXになりました。w

これも修行の成果です。

決して遊んでいただけではなかったんですよ・・・

最近はやる必要性も薄れてきたので、やらなくなってきてます。

単純に飽きてきたということもありますけど。 イラネッ(゚Д゚=)ノ⌒゚


ハマりそう・・・

マーベルツムツムも出たようです。

こっちの方がゲーム的に楽しい。しかもキャラクターが男子向け!!

しばらく視野トレーニングは続きそうですw

 

やられている方はお誘いください♪


facebook等でシェアしていただけると幸いです。

発信を続ける以上、多くの方に知ってもらいたいと考えております。

移植医療啓発に少しでも役立てればと思います。

いいね」と思った記事がありましたらシェアいただけると励みになります♪

facebook以外でのシェアもどうぞ