補助人工心臓コントローラのバッグの使い心地

エヴァハートの遠心ポンプとコントローラ

誰でもVAD交流会でも話題になりましたが、今日は補助人工心臓のコントローラを収納するバッグについて考察してみたいと思います。保険償還されている植込み型補助人工心臓(エヴァハート、デュラハート、ハートメイトⅡ、Jarvic2000)をみさせていただき、装着者の方のお話を聞くことが出来たのは大変楽しく、有意義でした。

コントローラだけでは語れない

色々な方の普段の生活をお聞きして思ったことがありました。

コントローラの大きさ、形、重さだけではなく、ドライブラインの長さ・太さ、付属機器の収納など色んなことを考慮されて今の形があるのだと思います。

 

是非、その開発者方に少しでも使用者の感想を還元できればと思います。

ということで、勝手に語ってみます。

他の方からもコメントいただけると嬉しいです。

エヴァハートは専用バッグを使う必要がある

誰でもVAD交流会を開いて驚いたことの一つとしてJarvic2000のコントローラを収納するバッグがあります。

詳しいことは分りませんが、どうやら標準のバッグがあるようなのですが皆さん自分でセレクトしたバッグへ収納されているようです。正直、いいなぁ~と思うところもあります・・・

エヴァハートの専用バッグ

かなり考慮されていると思います。

 

 

・緊急時に必要となるものが一式持ち歩けるデザイン

(予備バッテリー1本、緊急時の対処方法が記載したカード、バックアップコントローラーもセットで収納できる)

・長いドライブラインを格納できる仕組みがある
・ちょっとした防水(防滴?)
・ぱっと見でエラーやバッテリー残量が確認できるデザイン
・肩掛け、リュックタイプと2通りの持ち方ができる

詳細はコチラを参照
・ドライブラインが長いのでキャリーカートを利用するができる

最後はバッグに関係ありませんが合計3通りの持ち方ができます。

 

ちなみに他のバッグの使用は禁止されています。

 

途中からリュックタイプで使っています

襷がけのように肩掛けすることもできます。

当初はそのスタイルを利用していましたが、開胸部の傷とすれて出血してきたことがありました。

それ以来、傷にあたることがないリュックタイプの持ち方をしています。

しかし・・・ 私だけではなかった「ある問題」

リュックタイプだと両肩へ均等に力が加わるので、立位でのバランスも保ちやすいです。

術後前のめりだった姿勢も若干軽減されました。

しかし、両肩の真下へ力が加わればよいのですが、実際にはちょっと違います。

真下というより横への力が加わる感じがします。

 

例えるならアジの開きのように開胸部を中心として横に引っ張られます。

このためかなのか分りませんが、初めは傷がピリピリと痛みました。しばらくは皮膚が引っ張られないようにテーピングしてました。今ではテーピングもせず、問題ありません。

胸の皮膚が引っ張られないようにするために

カメラバッグ

これは私が元気だった頃に活用していたカメラバック。

ココからヒントを得ました。作りとしては登山用(?)リュックと似ています。

これに10数キロ?になるのカメラ機材を入れ、あちこち歩き回っていた時期がありました。

しかし、一日中歩きまわっても肩の痛みは殆ど無かったし、色んな角度からシャッターを切りますが、とても安定していました。

その一つとして

胸ベルト

胸ベルトがあると外方向へ引っ張られにくい。

しかし、今のバッグには胸ベルトを取り付ける部分がないため、今のところ実行していません。

同じ悩みを抱えて実行されている方もいらっしゃいますけど。

バッグが暴れる!? その原因を推測してみた

ストラップの長さが勝手に伸びる!?

長さ調整が可能です。

しかし、座ったり立ったりを繰り返すと・・・

ストラップが最大限に伸ばされ極端に長い状態になります。

私は長すぎると背中にフィットせず、歩く時に揺さぶられます。

 

一応対処を試みたことがあります。

EVAHEARTの先輩方に相談したら、安全ピンなどでストラップを固定していました。やはり同じ悩みがあったようです。

私も1ヶ月くらいは真似していました。結構良かったのですが、事件?があったので止めてしまいました。

 

 

何か横っ腹がチクチクするなあ~っと思っていたら、安全ピンの口が開いてチクチクと刺さっていたわけです・・・

流石に危険です。

腰ベルトがあるともっといいなぁ

腰ベルトがあると、荷重が肩だけでなく背中と腰にも分散される。

そうすればもう少し肩が楽になるのにと思ってしまう。

実際には貫通部のこともあるので、簡単にはできないでしょうけど・・・

あれもこれも欲しいw

何かの時用に防犯ブザーを持ち歩いている人が多かった印象です。

私も持っています。

しかし、持ち歩きや取り付け場所に悩む・・・

下手な場所へ取り付けるとトイレとかで鳴らしちゃいますw

カメラバッグって便利ね~

防犯ブザー

色々な機材を持ち運べてスグに使えるように、いろんなところにフックを掛けるための輪が装備されています。

登山用リュックも同じだと思います。

基本はハンズフリーで行動したいのです・・・

 

肩付近にあれば、防犯ブザーにもピッタリ!!

まるで小学生のランドセルのようですけどね^^;

それでもいざという時に引っ張りやすいから、あの位置についていたりするのでしょう。

今日は肩がコッチコチです・・・

なつまつり

子供達が通う保育園の夏祭りへ行ってまいりました。

数時間でしたが、やはり肩と足にきました・・・

まずは庭でカメラテスト

何か一人運動会と勘違いしているようなんですけどw

しっかりと撮影係の役目を果たしてきました。超ローアングルで撮ったりw

寝そべってはいないのでご安心を・・・

さぁ、明日は寝て曜日だ!!

facebook等でシェアしていただけると幸いです。

発信を続ける以上、多くの方に知ってもらいたいと考えており、移植医療啓発に少しでも役立てればと思います。

いいね」と思った記事がありましたら

シェアいただけると励みになります♪

facebook以外でのシェアもどうぞ