外来お疲れ様。明日はお休み

本日は備忘録的なブログです。

20時過ぎに帰宅しました。

盛りだくさんな一日

こんなに忙しい外来はひさしぶりでした。

大量の採血管

ここまでくると流石に笑いがでてきます。

6分間歩行検査

半年に一回?の6分間歩行テストを実施してきました。過去に6分間歩行について記事を書いたような気がするのですが、見つからなかったので以下を参照ください。


6分間歩行検査 6-minute walk test(6MWT)

6分間歩行テストとは、単純で簡便で最も多く用いられている機能評価テストです。

その内容は6分間できるだけ長い距離を歩いていただき、その距離を測定する運動負荷試験の一種になります。

目的

この検査の目的は、呼吸器疾患や循環器疾患における在宅酸素療法の有無を検討したり、慢性心不全患者における心機能評価など様々な医療介入の効果を判定することです。また、日常生活活動の重症度を測定するのに適しています。

病気との関係

6分間歩行テストは、慢性心不全、肺高血圧症や慢性閉塞性肺疾患などの肺疾患患者における心血管イベントを予測することが示されており、多くの報告があります。特に慢性心不全患者における心機能評価に有効で、歩行距離が短い群ほど生命予後が悪いと報告されています(図1)。

6分間歩行テスト
図1 慢性心不全患者における6分間歩行距離と生命予後の関係
(Lee Ingle et al. European Heart Journal 28, 560-568 2007)

実施内容

長く平坦な30mの直線コース(当院では病棟廊下を使用しています)をできるだけ速く歩いていただきます。そのため、検査当日は動きやすい服装、歩行に適した靴が必要です。また、試験実施2時間以内は強い運動を避けていただく必要があります。

測定項目

測定の実際

  1. 試験前に簡単な問診をさせていただきます。(体調や身長、体重など)
  2. 試験前のウォーミングアップは必要ありません。
  3. 試験前はスタートラインに椅子に座って安静にし、血圧、脈拍などをチェックします。
  4. スタートラインに立ち、掛け声でスタートします。ただし、検者は一緒に歩きません。
  5. 歩行中、検者は一分ごとに声をかけます。
  6. 6分経過すれば椅子に座り、歩行後の血圧や脈拍、息切れ具合を確認します。

その他

6分間出来るだけ長く距離を歩いていただきます。途中で息切れしたり、疲れたりするとペースを落としてもかまいません。必要なら立ち止まって休んでもらっても構いません。また、試験中に胸痛、ふらつき、呼吸困難の増悪があれば中止となります。

出典:阪和記念病院ホームページ 検査のご案内(6分間歩行検査)より


結果は540mとのこと。退院直後に比べると大分歩けています。私の場合、この検査の翌日には必ず体調に支障をきたします・・・

既にグッタリで、明日の仕事は残念ながらお休みさせていただくことにしました。

最後に妻様へ在宅物品の引き取りを任せ、私は少しだけ入院病棟へ顔を出して帰路へ着きました。

夕食

朝、昼は少な目で済ましていたこともあり、帰りに話題のメニューを確かめに行ってきました。

くら寿司

シャリコーラを頼んでみましたよw

口に入れた瞬間はコーラです。まぁ、それは香料で再現できるので当たり前なレベルでした。問題はその後・・・

 

好きな人には好きなのかもしれませんが、私には合いませんでした。例えるなら凄いまずいマッコリのような感じでした。

半分いただき、残りは隣へバトンタッチ♪

来月にはメニューから消えていそうな気がするのは私だけでしょうか?

 

コーラで思い出しました。コカコーラのタブ・クリア。

透明なコーラも斬新でしたね。美味しくなかったですけど^^;

それでもLiteよりは美味しかった気がします。今は無いのかな?

私はウィルキンソンの炭酸水(ドライコーラ)で十分です。

シャリカレーパンも頂いてきました。

コチラは合格点を差し上げます。外側がさくさく、中はモチモチな食感。

しかし、シャリである必要性が全く感じられない品でもある。米粉パンで十分だと思われる内容。しかもシャリだと塩分が余計に多そうです。

私としてはありです。コンビニでのタイアップ品として販売すれば客受けが良さそうな気もします。

VAD会の中間報告

第四回誰でのVAD交流会は今のところ7名です。参加される方はお早めにどうぞ。

8/14(日)のVAD会場視察は、今のところ私ともう一組のVAD装着者さんの計4名で出撃予定です。他に行きたい方がいらっしゃいましたらご連絡ください。

facebook等でシェアしていただけると幸いです。

発信を続ける以上、多くの方に知ってもらいたいと考えております。移植医療啓発に少しでも役立てればと思います。

いいね」と思った記事がありましたらシェアいただけると励みになります♪

facebook以外でのシェアもどうぞ

にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 病気ブログ 心筋症へ