New VADステッカーの作り方

昨日再作成したVADステッカーの作り方をご紹介いたします。

ステッカーのファイルを掲載しようと思いましたが、若干修正したい箇所があるのでまたの機会にしたいと思います。

欲しいという方は直接ご連絡ください。印刷と多少のカスタムであれば手の空いたときに対応します。

(ケース、両面テープはご自身でご用意ください。)

VADステッカーの作り方

20160830-1

私のように貼り付ける場合は、硬質カードケースと両面テープを用意します。

パンチで穴を開けてつける場合などは、ファイルリングなどをご用意ください。

 

両面テープについて

本当は布用(車の内装用)などが良いのですが、アクリルフォームの両面テープでも代用できます。

EVAHEARTの場合、ノリも残らずに綺麗に剥がれます。どちらも100均で手に入ります。

20160830-2

四隅へ適当に切った両面テープを貼り付けます。

20160830-3

事前に作っておいた、「緊急時対処法、連絡先」を収納します。

20160830-4

表紙が表になるように入れます。

20160830-5

こんな感じになります。

20160830-6

バッグへ貼り付けます。

完了です!!

見せたくないけど、見つけられたい

20160830-8

EVAHEARTはバックをあけると同じようなカードが入っています。

家族が入れないような公共のトイレなどで、アラームが鳴らずに倒れてしまった場合はこれが命綱となります。

しかし、倒れている人のバッグを開けるのはかなり時間が経ったときかと思います。

もし私がVADを知らず、偶然居合わせたのならバッグにはまず手を出しません。

もしかしたら本人の名前の分るものを探すために空けるかもしれませんが・・・

 

自分の名前や住所をオープンにして出歩きたくはない。

それでも、もしもの時は迅速に発見してほしい。

そんな願いをこめて作ってます。

20160830-7

私の作ったものは、詳細は見せないけど「緊急時対処方法、連絡先」のタイトルだけは見えるようにしています。

これなら流石に気付くと思います。そして、それを引っ張れば私の個人情報がシッカリと書かれているのです。

正直、このVADステッカーを身につけて歩くのは勇気がいります。

だって恥ずかしいもん・・・

 

それでも今は慣れました。むしろ無いほうが不安です。

少しでも多くの方に補助人工心臓を装着している人を知って欲しいとも思います。

アクセス数が伸びる日

ここ2ヶ月くらいのアクセス数を見てみました。

何故かアクセス数が伸びる曜日と時間帯があります。

主に私が通勤したときです。

 

 

電車内で私のVADステッカーを見た人がとる行動は主に3パターンです。

・何も反応しない人

・席を譲ってくれる人

・スマホをしまう人

・スマホをポチポチし始める人

 

最後のパターンは結構多いです。

隣に座った人が「補助人工心臓」って検索しているところを目撃することがあったので、気付いてはいました。

「こんな人もいるんだ~」くらいに思っていただけると幸いです。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ 心筋症へ