サイバーVAD交流会を開催しました!!

昨夜、テスト的にサイバーVAD交流会を実施しました。

facebookライブは映像を保存する機能があるので、後日観返すことができるのが利点です。

しかし、どうしても一方通行なやり取りなってしまいます。

表情が見え、声が聞こえる

やはり相手の表情が見えて声が聞こえるほうが参加している感がありますね。初めてGoogleハングアウトを使ってみましたが、無料のわりに使い勝手も良かったです。直前にGoogleアカウントが必須になるという仕様変更には焦りましたけど^^;

アカウントが必要ならSkypeのグループビデオでもよかったような・・・

見えてきた課題

良い事ばかりではありませんでした。これから色々を考えたいと思いますが、備忘録的に書き出してみます。

 

Googleアカウント(G-mail)が必須

仕様変更されなければ、ゲスト側はアカウントなしでも利用できたんですけどね。これからは参加するために事前にアカウントを作成いただかなければなりません。

 

 

スマホはアプリ必須

事前にハングアウトというアプリを導入し、Googleアカウントを設定しておく必要があります。

 

 

パソコンはそこそこスペックが必要?

ある程度のスペックは求められるようですが、ブラウザから参加できます。ブラウザはGoogle Chromeが推奨のようです。それとカメラが内蔵されていない場合は別途Webカメラを用意いただく必要があります。

 

 

イヤホンマイク推奨

イヤホンマイクを利用したほうが音声がクリアに届きました。参加される方はイヤホンマイクをご用意をおすすめいたします。

 

 

超重要!! Wi-Fi環境

スマホやタブレットから参加される場合、通信量に注意する必要があるのでWi-Fi利用を推奨します。また、電波環境がよくないと接続が不安定になるようで、電波の入りが良い場所を予めリサーチしたほうがよいと思います。

重要な課題現る!?

オンラインのみで実施するのであれば特に問題なさそうですが、これがパワフルな人たちが集まる現地と遠隔地をミックスすると収集がつかない気がします。現地参加者は小グループ化するなど自由度の高い交流ができるので、どのように遠隔地からの参加者とミックスダウンさせるかが成功の鍵になると思います。

小グループごとにスマホからGoogleハングアウトへ参加してもらうかな?しかし、それでは現地のオンライン参加が増えてしまうので、遠隔地参加者の数に限りがでてしまうという諸刃の剣でもある。おそらくハウリング対策も考えなければならない。

 

とりあえず現地側はPC1台をプロジェクター投影・外部スピーカーへ繋げて全体として対等にコミュニケーションを取れるようにしたいと思います。小グループ対策は少し作戦を練ってみます。どなたか良い案をご提示いただけると助かります。

 

続・サイバーVAD交流会

再テストの意味をこめてもう一度サイバーVAD交流会を開催したいと思います。また告知します。

副業が忙しい・・・

明日もVADカメラマンの予定です。明後日もかな?雨が降ったらお休みします。

流石にレインコートを着用してまではカメラマンをしたくありません・・・

2016092301

今回は久しぶりの動体なのでメイン機は外部ストロボ&300mmズームです。レンズ交換は避けたいのでサブ機に35mm単焦点(F1.8)を装着し、全体写真を狙います。前回の反省を踏まえ機器チェックをしましたが、絶好調。言い訳できませんw

300mmズームは前玉しかオーバーホールしませんでしたが、何故か合焦精度も良くなっている。不思議だ・・・

天気は曇り空だと思うので一脚も持参しようかな?

 

あぁ、シャワー浴びるのがかったるいです・・・

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ 心筋症へ