思い出話

ここ最近急がしい状態が続いており、ブログ更新をサボり気味でした。適度な疲労感はありますが、体調はいたって順調かな?

クールシールフィルタの定期交換

本日は外来日でしたが、珍しく超特急で完了。クールシールフィルタの定期交換をしたのですが、このあとVADコントローラーのエラーが炸裂しないことを祈ります・・・

クールシールはEVAHEART独自の仕組みです。過去記事「今日を基点として新生活をスタート」を参照。

 

駐車場で遭遇!!

帰り道に立ち寄ったお店の駐車場である光景に遭遇しました。何に遭遇したかというとバイク(250ccネイキッド?)に跨った二十歳くらいと思われる男性。ずっとセルを回してキュルキュルさせていましたが、次第にその音の元気がなくなりセルが回らなくなったようです。はい、バッテリー切れです。

バッテリー上がりを起こすような時期ではないと思うのですが、しばらく乗っていなかったのかな?そんな風に思いながら端から傍観しておりました・・・

押しがけ・・・

押しがけをひらめいたようで、徐にバイクを押し始めます。しかし、その様子は明らかに押しがけ初心者であり、案の定、セルすら回っていない様子。そりゃね、クラッチ切ってたらクランクは回らんって・・・

30mほどある駐車場を5往復くらい試していました。おそらく本人は汗だくだったことでしょう。流石にそろそろ声をかけてみようかと思ったとき、奇跡的にエンジンがかかりました!!こんな経験を経て立派なバイク乗りへ成長していくものです。という私も初めは押しがけが出来なかった口です。慣れてしまえば何て事ないのですがw

たまに平地で押しがけを試みているビックスクーター乗りを見かけることがあるのですが、それは流石に声をかけます。無理だって・・・

原付バイクのキックスタート

5年くらい前にも似たような光景を目撃したことを思い出しました。確か夏休みシーズンの真夜中の出来事。色々な意味で今でも鮮明に覚えています。某SNSで呟いたものがあったので、転載してみます。

画像は海外で撮影した光景で、日本ではありませんw


昨晩、実家からの帰り道で寄ったガソリンスタンドで給油していた時の出来事。

年季の入った原付バイクへ給油している高校生らしき2人組がおり、自然と視線がそちらの方へ。

原付バイクなので直ぐに給油完了。セルを回しはじめたのだが、スロットル全開で回してるではないかw

案の定、エンジンはかからない。(絶好調なエンジンならそれでもかかるかもしれないがけど...)

何度もセルを回すのでそのうちバッテリーが切れたようで、今度はキックスタートを始めた模様。

しかし

 

 

超ユルユルなキックが炸裂!!

例えるならば、どんなに調子がいいエンジンでもかからないレベル♪

さすがに突っ込みたくなったので声をかけようかと思ったが、さらに面白い展開になったので声をかけれない事態に陥りました。

 

 

10年以上バイク乗ってますが初めて見ましたよ。。。

手でキックスタートをしている人!!

もう何もいうことはない。

己の信じた道を突き進んでくれ!!

という感じで、給油も完了したので帰りましたとさ。

 

P.S.

当人達にとっては、とてもよい夏休み最後の思い出になることを願う^^;


彼らもすっかり大人になっていることでしょう。今でもバイクに乗っていてくれたら嬉しいな。もちろん無事故でね♪

明日もお出かけしてくるかもしれません。まだまだイベントが沢山あるので年内はハードスケジュールです。無理はせず、それでも時には少し背伸びして今の状況を有意義に過せればと思います。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ 心筋症へ