《ブラジル》最初の心臓移植から50年=今も需要の23%しか満たせず

ブラジルで最初の心臓移植が行われたのは1968年5月26日。それから50年が経ち、技術や研究は進んだが、国内の需要は23%しか満たせていないという。2017年に行われた心臓移植は380件で、必要と見られていた1638件との差は1258件に上る。

元記事:JORNAL NIPPAK

悪質な広告が表示されるため、閲覧注意