岡山大病院 初ケースの肺移植成功 体格差ある脳死ドナー提供

岡山大病院(岡山市北区鹿田町)で27日、重い肺の病気を患う50代女性への脳死肺移植が行われ、無事終了した。同病院は28日、2014年3月に国が脳死移植患者の選択基準を緩和し、ドナー(臓器提供者)と体格が一致しなくても移植できるようになったことで実現した初のケースであることを明らかにした。

元記事:山陽新聞digital