· 

15/07/05 術後の後遺症

VAD装着後の後遺症について書いてみます、ちょっと長文です。

VAD装着後の脳出血と視野欠損という後遺症

 術後2ヵ月半くらいのときに脳出血を起こしたので視野欠損と目眩という症状が残っている。視野欠損範囲は狭いが、中央の若干右側が見えません。そんなこともあり、人と話すくらいの距離で相手の顔を見ると、右側が見えません。

ただ、それ自体はたいして困っていないのだが文字を読むことが苦痛です。特にWebサイトを見るときは横書きが多いですが、これまではパッと見ればある程度の範囲で文字を認識できました。現在は右側が欠損しているため、一字一字確実に目で追わないと読むことができず、流し読みという行為が一切できなくなりました。これは大変ショックでした。

もともとITに携わる仕事をしているので、職業上においても致命的です。ほとんどが横文字なので。。。

 

キーボードの文字はほとんど追うことがでいません。職業柄ブラインドタッチは出来て当たり前だったので入力には助かってますが、画面上に入力された文章を校正するのはシンドイ作業です。

自分なりに克服しようとある程度の文字数(6文字くらい)で逆から(右から左)へ文章を読む訓練をしていました。苦行で何度も挫折しかけましたが、それでも何とか物になってきています。

脳出血後のメンタルと目眩

 脳出血ではメンタルを相当やられましたが、何とか自分なりに乗り切った気がします。ただし、脳出血の恐怖は日々あります。それ以外にも脳梗塞などがあったのですが、これはまた気が向いたときに書きたいと思う。

 

 回転性の目眩が後遺症として残っておりますが、相当厄介です。しかも寝てるときにも起こります。不思議なことに寝ていても目眩はするものなのですね。短ければ10分くらいで収まるのですが、収まらないときは1時間以上続きます。

初めて回転性の目眩というのを体験しましたが、激烈すぎて大変でした。目眩の最中はまず何もできないできず、嘔吐するにしても嘔吐する場所を探し当てられない。自宅では嘔吐しても良いようにベッドサイドに入れ物を置いてあるのですが、おそらく目眩を起こした時には探し当てられません。

とりあえず家族に知らせるために防犯ブザーを手の届く範囲に置いて寝ています。手探りで防犯ブザーにこぎつければ鳴らすだけなので。

 ちなみに、こんなものをVADバッグにくくりつけてます。 幸い退院後は回転性の目眩に襲われていませんが、いつ発生するかわからないのは精神的にもツライです。 歩行中に遭遇したときのことを考えると恐怖でしかありません。転んで頭を打ったり、貫通部をぶつけたりと。。。
もちろん抗凝固治療もしているため、出血するとなかなか止まりません。頭を打つとかは本当に勘弁ですね。まぁ、これも宿命と思って自分なりに受け止めるしかありません。
コメント: 0 (ディスカッションは終了しました。)
    まだコメントはありません。