ずっと言いたかった言葉

2月13日に補助人工心臓を装着して約9ヶ月、やっとこの言葉が言えるようになりました。



長かった。そして一言といわず千言でも足りないくらい辛かった。


 

それでも新しい日常を少しずつ、ほんの少しずつ獲得し、進んでは立ち止まり、戻ったり。

ここ2ヶ月くらいが一番辛かった。

 

 

家長である自分が病に伏し、何ひとつ役に立っていない、お荷物という事実。

 

 

そして社会からドロップアウトされてしまったという感情。

 

 

どこからともなく止め処なく湧き上がってくる不安。

 

 

ここには書ききれないほどの「見えない何か」と戦ってきました。

 

 

自分でも理解しきれいない「見えない何か」は自分以外には想像することはできても、本当の気持ちは到底わからないでしょう。

 

 

とりあえずもう少しだけ頑張ります。

 

 

 

これ以上何も異常が発生しなければですが、12月より復職します

 

 

 

家族、主治医、看護師、VAD患者仲間、会社経営者、同僚、友人、その他色々。

 

 

今日までフォローいただいた皆様のおかげです。

 

 

御礼は言いません。

 

 

御礼は移植が終わり、新たな日常を獲得した暁にたっぷりとさせていただきます。

 

 

皆様、これからもよろしくお願いします。

シェア・ツイートする


定期購読、SNS

Facebookでは友達の公開範囲でブログより突っ込んだ投稿をしています。

Facebookの友達リクエストはスパム行為と区別するため、必ず自己紹介を添えて下さい。


スマホ用メニュー

スマホ用メニュー ホーム 筆者 ブログ VADの秘密 VADの種類 拡張型心筋症 交流会 井戸バド会議 ペイシェントマップ VADステッカー お問い合せ その他


follow us in feedlyにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へ

 サイト内検索