· 

カメラ小僧 悪戦苦闘・・・

久しぶりに(?)趣味の記事を書いてみました。
写真を趣味としていますが、一眼レフで写真を撮るようになったのは子供が出来てからです。写真歴としては浅く、フィルム一眼レフには殆ど触れたことがありません。

デジタルの良い点の一つとして何度失敗しても現像(モニターで見る分)にお金がかからないという点でしょうか?おかげさまで幾らでも練習できます♪悪く言えば、シャッターを押すことに対しての真剣度が浅くなるかもしれません。

それでも移植待機中ですからそれくらいで良いと思っています。自分では撮りたい場所へ自由に行くこともできませんから・・・

Tokina AT-X 828 AF PRO(80/200mm F2.8)

一見すると高そうに見えます。そうです、「高かった」のです。おそらくカメラが趣味な方であれば知っている方も多いと思います。

Tokina AT-X 828 AF PRO(80-200mm F2.8)

 

 

フィルム時代の品(95年-02年の販売)であり、現在は販売しておりません。古いレンズとは言え、当時は13万円程度した品なので中古相場は1万5千円以上するようです。

某オークションでカビ有りジャンクレンズとして超破格で購入いたしました。カビならバラしてクリーニングしてあげればいいし・・・

カビは何処だ?

Untitled

前面から見る限り、カビらしきものが見当たらない・・・

ズームレンズなので多少のチリ混入などはありましたが、パッと見はとてもクリアに見えます。

 

そして後玉から覗いてみる。


???

Untitled

確かに中玉は多少カビがありました。しかし・・・

カビを取る前の写真を撮り忘れたので、これはカビを取った後の写真です。


バルサム切れ!!

レンズは一枚ではなく、沢山のレンズが集合して成り立っています。凸レンズ、凹レンズだけでなくそれぞれを接着剤で貼り合わせたレンズもあります。

今回ジャンク品として購入したものは、カビではなく貼り合わせたレンズの接着面劣化によって白くなっていたようです。(出品者の方は素人のようでしたので、カビと表現していたのでしょう・・・)
このような状態のことをバルサム切れといいます・・・


過去の苦い経験・・・

バルサム切れのレンズを掴んだことは初めてではなく、以前にも同じことがありました。その際に接着面を綺麗に剥がして再接着をするという修理を行ったのですが、大失敗を犯したことがあります・・・

どんがらがっしゃ~ん!!

結果的には時間がかかったものの接着面の剥離、再接着は成功しました。しかし、この時間がかかったことがよくなかった・・・
作業中は取り外したレンズを順番どおりに並べていたのですが、ふとした拍子でぶつかってしまいました。

 

テーブルからダイビングするレンズ達・・・

 

はい、レンズの順番が分らなくなりました・・・

何度も色々な組み合わせを試みたのですが、復活することはありませんでした。もし、今回のレンズを直すのなら、どんがらがっしゃ~ん対策をしないと行けないですね。^^;)

一応テストをしてきました

20161203-4
20161203-5

このレンズへ期待していることは、被写体に写真を撮られていることを意識させないという点です。
距離をとって撮影することで、自然な表情を写すことができます。しかし、安い望遠レンズだとどうしてもシャッタースピードを稼ぐことができないので手振れや被写体ぶれが出たりします。

シャッタースピードを稼ぐという点は合格でした。

 

しかし、レンズフードを持参していなかった影響もあるかと思いますが、ちょっと眠たい雰囲気の写真ですね。微妙にソフトフィルターを介しているような感じです。バルサム切れ、恐るべし・・・

逆光は無理・・・

20161203-2

バルサム切れの影響で光が拡散して白っぽくなってしまいます。
順光や室内環境なら使えそうですが、それ以外は厳しそうですね。

そこで少々レタッチ(黒レベルを強調)してみたら、多少良い感じにはなりました。本来の撮りたい雰囲気ではありませんがw

20161203-1

他のレンズで撮るとこんな感じ

20161203-3

本当はこれくらい色のある写真を撮りたかったです・・・
これからはイルミネーションシーズンなので、イルミネーションではどのような写りになるのかチェックしておきたいところです。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ 心筋症へ


定期購読、SNS

Facebookでは友達の公開範囲でブログより突っ込んだ投稿をしています。

Facebookの友達リクエストはスパム行為と区別するため、必ず自己紹介を添えて下さい。


スマホ用メニュー

スマホ用メニュー ホーム 筆者 ブログ VADの秘密 VADの種類 拡張型心筋症 交流会 井戸バド会議 ペイシェントマップ VADステッカー お問い合せ その他


follow us in feedlyにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へ

 サイト内検索