· 

2016年を振り返る

今年の心臓移植待機生活を振返ってみます。

2016年心臓移植待機生活の実績

総括は大晦日に投稿したいと思います。

2016年心臓移植待機生活の実績表

記事の投稿回数

10月~12月あたりが忙しく、目標としていた一日一記事のペースは達成しませんでした。今回の投稿を含めると306記事です、実際には書いて投稿していない記事や日記へ書き綴ったものを考慮すればいいペースだったと思います。

facebook投稿数

今年の途中からfacebook(個人)アカウントでも呟くようになりましたが、くだらない投稿も多いので数える気にもなりません。しかし、そのくだらない投稿こそリアルな心臓移植待機生活に結びついているような気もする。よりリアルな生活を知りたい方はfacebook(個人)アカウントで繋がってください。
一部は友達限定の公開としていますので気になる人は友達リクエストをしてください。

サイト訪問者数

一年間の訪問ユーザー数の推移を見ていたのですが、愕然としました。

訪問ユーザー数の推移

普段の訪問者数は一日当たり200~500くらいとそこまで多くは無いです、悲しいことに一年間の訪問ユーザー数をみると該当期間以外はアクセス無しと思えるくらいです。なぜ一時的に訪問者数が突出しているか?それは例の詐欺事件に関する記事を書いたことがきっかけです。

2ちゃんねるにリンクが貼られてしまったからです。特に私のホームページでは身元を明かすことなくコンタクトできるよう問い合わせフォームを設けているので、賛同・批判・誹謗中傷と色々な声をいただきました。出来る限り返答したつもりです。

これらの記事を通して誹謗中傷を含めこれからどのように活動してアプローチしていくべきかのヒントを頂いた気もします。しかし、誹謗中傷は心臓移植待機者としてはも堪えます。私は変なところが図太いので多少のことは大丈夫なですが・・・

 

補助人工心臓や心臓移植について発信するためには訪問者数を増やすことも重要ですが、それ自体が目的ではないのでアクセス数の推移はあまり気にしていません。今後も問題になりそうな件があっても臆することなく発信すると思います。今回の詐欺事件の記事を書くにあたっては多くの方に相談を乗っていただきました、この場を借りて改めて感謝申し上げます。

その後、週刊誌やテレビ局からの取材申し込みがありました。テレビ取材は1件のみ引き受けましたが、当サイト上ではその事実を公表しませんでした。テレビ取材を受ける上での注意点も多く学ぶことが出来たのは不幸中の幸いだったのかも知れません。今後はメディアをこちら側から上手く活用できるようになりたいものです。


明日は今年の総括を書きたいと思います。また、夜は年越し井戸バド会議を開きますので、お暇な方はご参加ください。(おそらくWi-Fi環境より接続しないと通信状態が厳しいと思いますので参加される方はご注意ください)