· 

応募受付状況 第六回誰でもVAD交流会

応募受付状況

今朝時点で私を含めて10名になりました。(仮予定の方を含めると10数名となっております。)

 常連さんにはわかると思いますが、初参加の方もいらっしゃいます。

表示されているキャラクターは自動で設定されるので他意はありません。

早めの応募をお勧めします

応募者多数となった場合、原則先着順とさせていただきますのでお早めにどうぞ。

詳細および応募フォームはコチラ

 

人見知りする性格

私自身は一人が好きです。人見知りする性格でもあります。しかし、昨晩あるものを見つけてふと思いました。

一人が好きだけど、集団も好きなのかな~と・・・

企画立案、実行は多数

過去のブログ記事でも度々バイクのことを書いていますが、過去にバイク関連のイベントや団体を複数作ってきました。
昨晩、10数年前に立ち上げた団体(集団?)のホームページを久しぶりに見ました。

下記写真は立ち上げ当時のもの。 

いつものお店に集まってはバイク談義に花を咲かせていました。集団で道に迷うことも多数・・・
当時のナビは「高嶺の花」だったのでツーリングのお供は地図(ツーリングマップル)でしたよ。二枚目の写真はツーリング先にて「今どこだ?」と皆で悩んでいるところです。確か早朝だったので歩行者がおらず聞くこともできなかったようなw

現在はGPS付きのスマホがあるので、現在地を人に聞くなんてことは少ないんでしょうけどね。

 

やはり企画の立案・実行するのは好きなようです。

これらの経験があったお蔭でVAD交流会も実現できたのでしょう。入るのは自由、出て行くのも自由。それが当時からの私のスタンスです。なお、立ち上げた某団体の規約を抜粋してみます。確か総勢30名ほどの団体。

団体自体は私が激務になり解散しましたが、コアメンバーとは今でも交流があります。
(というか近所のバイク店やお店に行けば偶然再会することもあります)

 

・当XXXのメンバー資格は、以下の通りとします。

 -関東在住のXXXのオーナー。

 -団体行動のとれる良識あるライダー。

 -任意保険に加入しているライダー。

・誹謗、中傷、その他の不快を与える行動を行う方は、メンバーから削除させて頂きます。

・事故や違反等が発生しても当XXX及び当事者以外のメンバーは一切の責任を負いません。全て自己責任の元での行動とします。

・当XXXには会費等はありません。(イベントに要する費用は、各個人毎の精算を原則とします)

・当XXXの退会は自由です。その際、当XXXの代表者までメール等で連絡お願いします。

・当XXXのメンバーは、これらの規約を了承したものとします。

・規約の変更は、必要に応じて行います。

 

なお、バイクということもありメンバー全員の緊急連絡先や血液型などの情報を持ってツーリングへ行っていましたね。

※数年後に気付きましたが血液型の情報までは持ち歩く必要が無かったんですけどね・・・

余談

標準体重・・・

今となっては信じられませんが、標準体型だったんですよ。ピチピチの革パン履いているし。^^;

私ができること→私達ができること→次は?

VAD会の実施回数を重ね、今では私以外でも開催できます。先日は千葉でも行われました。

 リンク:第1回千葉大VAD会開催しました!

 

自身でVAD会を開催したいという方がいらっしゃればノウハウをお伝えしますので、ご連絡ください。
VAD会自体は私ができることではなく私達ができることへ進化しつつあります。この流れは非常に嬉しいことです。もし私が不在になったとしても誰かが実行してくれることでしょう。(と皆さんを信じています‼︎)

 

昨年末に私にしかできないことについて改めて考え、現在水面下で挑戦しています。超えなければならないハードルはとても高く、時間も必要となる取り組みです。だからこそ今動いています。一年出遅れれば一年遅れる。今回挑戦していることは移植待機という当事者である要素が必須であるため、移植後ではあまり意味がない。しかし、私には実現する自信がある。

まだ詳細をお伝えすることができませんが、もしかすると次回VAD交流会でポロッと言うかもしれません。(意見を聞きたいこともあったりするので)

 

私にしかできないことですが、私だけでは実現できない内容でもあります。多くのXXX、事業者へ協力をお願することになるので企画書も並行して作成中です。なお、煮詰まり中です。どうしても私の負担が多くなってしまうので、どうしたらその点を軽減できるのかが目下の課題です。

こうして時間を消費する待機生活も悪くない。私は手を動かしていたほうが時間の経過を早く感じます。昨年がまさにそうでした。

にほんブログ村 病気ブログへ にほんブログ村 病気ブログ 心筋症へ