· 

EVAHEARTⅡ

 本日、コチラが放送されましたが、チラッと映っていましたよ。内容については色々と言いたいこともありますが、番組の趣旨を考えるとこの形でよかったのでしょう。
なお、愉快な仲間たちもいっぱい映っているので私にとっては色々な意味で面白かったです。

EVAHEARTⅡ

 二年前の講演会時に開発中のポンプが展示されていたのを思い出しました。

※関連記事:15/07/28 希望、葛藤の繰り返し
※写真は当時の新聞記事です。

 残念ながら実物の写真は手元に残っておりませんが、テレビ中ではしっかりと開発・テストが進んでいる様子が映っていたので安心しました。ぜひ実現してほしいものです。それにしてもあのテスト光景は生で見たい‼

より安全、希望を持てるように

 タイトルの言葉を実現するためには何が実現さればよいのでしょうか。EVAHEARTⅡのようにこれまで以上に高性能ま補助人工心臓が開発されればいいのか?それも必要なことでしょう。
 しかし、補助人工心臓を装着して一時の安定を得た現在が最終地点ではありません。※その理由はこれまでに沢山書き綴ってきたのでここでは述べません。

 

 私は心臓移植を受けて再び自分なりの「元気な生活」を得るために補助人工心臓を装着している。
補助人工心臓の先にある心臓移植件数がなかなか伸びない日本の移植医療についてのほうが心配です。

とはいえ、心臓移植を前提としない補助人工心臓利用(DT)の検討も進んでいるので、補助人工心臓自身の進歩も願います。


定期購読、SNS

Facebookでは友達の公開範囲でブログより突っ込んだ投稿をしています。

Facebookの友達リクエストはスパム行為と区別するため、必ず自己紹介を添えて下さい。


スマホ用メニュー

スマホ用メニュー ホーム 筆者 ブログ VADの秘密 VADの種類 拡張型心筋症 交流会 井戸バド会議 ペイシェントマップ VADステッカー お問い合せ その他


follow us in feedlyにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へ

 サイト内検索