· 

始動⁉「プロジェクトB 」

 プロジェクトBとは何ぞや?半年以上の構想を経て、ようやく具体的な準備を初めています。昨日はプロジェクトBのロケハンに行ってきましたので、ロケハンを含めたとある補助人工心臓装着者の一日を振り返ってみます。(かなりの調子がよい一日だったので普段からこんな生活をしているわけではありません。誤解なきように…)

外はいいねぇ~

 朝から自宅近くの池へ雑魚釣りに興じてまいりました。この場所ではフナを狙うのが一般的ですが、私はクチボソへ狙いを定めて金魚竿に道糸0.3号、ハリス0.2号(袖)というシンプルかつ軽量な装備で挑みました。餌は私がVADを装着する前に使っていた開封済み練り餌をうどんと混ぜ合わせて使いました。うどん自体は2本ほどしか使わないので、残りは私の餌(朝食)となりましたw

 20匹くらいはいけると思ったのですが、軽いハリスに慣れずライントラブル続出。しかも、予備のハリスは1本のみ…

日が直接当たる頃には気温が急上昇してきたので、小一時間ほどで終了。

 

 このサイズでもウキでハッキリとしたアタリを取れたので、次回はもう少しハリスの号数を上げて(糸を太くして)挑みたいと思います。

 目的の半分は釣りに興じることでしたが、もう半分は庭鉢へ魚を補充することでした。簡単な水合わせをして補充完了。この時点でまだAM8:40です。

買い物&ロケハン前の腹ごしらえ

 お店の開店時間まで自宅のクーラーのついた部屋でスプラトゥーンを楽しむ。最近スプラトゥーン2が出たのでやってみたい気もしますが、Nintendo Switchはそもそも高いし、売り切れで入手できません…

買い物を終え、通い慣れたお店で腹ごしらえです。

 開店一番乗りだった(実は開店前から入っていた)ので、いつものようにそこまで待たずに食べることができました。混んでいる時間帯だとオーダーしてから40分くらい待ちます。初めて「サブマリン」を頼みましたが、さすがに食べきれず…

 アンチョビ&マッシュルームがお勧めです。しかし、このお店にきたら「もち」を食べてほしい。餅(米)をパン(小麦)で挟むという前代未聞の炭水化物サンドですが、疲れた時にお勧めです。「クラブハウス」は「サブマリン」より幾分軽いですが、負けじ劣らずアメリカンなサイズで出てきますのでご注意ください。

寝てしまう…

 朝早かったことに加え、満腹感も手伝ってロケハンへ向かう車中で寝てしまいました。最初の確認ポイントが過ぎてしまったのですが、ちょうど次のポイントだったので慌てて小道に入ってもらいました。

 今回は奥多摩(多摩川の上流)に来ておりました。白丸ダムは奥多摩湖の少し下に位置する小さなダムですが、トイレ休憩で降りてみました。ここはダム上へつながる魚道を見学できるという少し珍しい場所です。今まで中に入ったことがなかったので、記念に見学してきました。

 こちらはダム下の魚道です。魚たちはこの魚道を利用してダムを超えるのです。

 ダム下の魚道を間近で見れますが、この長いらせん階段を下りて行かなければなりません…

おそらくこれだけで20mは下ると思います。ということは帰るときには登らなくてはなりません。覚悟を決めております^^;

 秘密基地のようです。下りは楽ですが、かなり足にきました…

 明るい方が下流側で、ここから流れを逆らって魚達は登っていきます。なお、コンクリート構造物の中というのもありますが、かなり涼しいです。覗き込むとマスらしき魚が泳いでいましたね。

 ダム上は遊べるようです。釣りも可能なようですが、岸というような場所は見当たらなかったので大分厳しいと思います。

ダラダラと書いても仕方がないので雰囲気は動画で。動画にするつもりはなかったので適当な作りです…

プロジェクトBとは?

 今回はプロジェクトBのロケハンがメインです。予め目星をつけていた場所を巡って目的に適した場所か確認します。まずは、駐車スペースなど安全なエリアを確保できることが大前提ですね。

プロジェクトBとは?

 バイクと写真に関係することです。私はライダーでしたが、自身が走行している時の写真は殆どありません。あっても「止まりもの」という躍動感に乏しい写真のみです。バイクを乗られている皆さまはどうでしょうか?


ロケーションがよいところで自身の格好いい写真を欲しくても、そのような写真を得ることはなかなか出来ません。走行中を捉えるカメラマンが必要ですし、全くの素人では躍動感のある写真はなかなか撮れない。

走行中だけでなく、静物でも同じような側面があると思います。つまり、ライダーの「写真」への欲求が満たせていない面があるのです。

 

 ライダーの読む雑誌には格好いい写真が沢山載っています。誰しもが心の奥ではそのような写真を欲しいと思っているのではないでしょうか?SNSのカバー写真も恰好いいものにしたいじゃないですか。

上記写真は今回のロケハンで撮影位置や構図を確認するためにテスト撮影したものです。

 

 そして、写真を撮る側です。

私もアマカメラマンの一人ですが、バイクに長けていなければ撮影場所を見つけ出したりすることも難しい。そしてアマカメラマンは自身の撮った写真を公表したい。クールな写真がとれればコンクールに出したいこともあるでしょう。その場合には、被写体となった方の承諾が必要となる場合もありますが、たまたますれ違った方より承諾を得ることは難しい。

そうです、写真を撮る側としても機会が少ないのです。

そして、写真を撮る側として「撮ってくれ」と言われることが何よりもうれしかったりします。

 

二つを結びつける

 写真を撮ってほしいライダーを集め、写真を撮りたいカメラマンを募ります。そして両方の欲求を満たす。

 簡単に書くとこんな感じですが、実際にはもっと綿密な裏付けや状況分析をしてプロジェクトを計画しています。肖像権、著作権をはじめとした承諾の仕組み、双方で納得する写真を撮れるようなマニュアル、撮った写真を提供できるサイトの準備を進めています。

写真(データ)提供までを含めて金銭授受が発生しない仕組みです

 

 まずは個人からの要望に対してスタートしたいと考えていますが、後に警察署や二輪安全運転協会が主催する講習会や各走行会などとも協力して機会を増やしていく予定です。

 

三つ目(意思表示)を結びつける

 私のような人間が計画・仲介し、現場に同行します。関わった全ての方達と「仲間意識」を作り、そこに少しだけ意思表示について考える「きっかけ」を置いてきます。きっかけは私自身の姿と少しの資料です。

年内には実際の活動を開始したいと思います。

 

難しいね…

 場所確認が多数あるので、持参した三脚は殆ど使わずに手持ち撮影。そこで被写体の移動速度に気づきました。流し撮りをする場合、時速20キロ以下だとかなり難しいです。時間当たりの移動距離が少ない分、背景が流れません。背景を流れやすくするためにシャッタースピードを遅くし過ぎると手ぶれが出やすくなる…

 

 この写真も1/60秒以下でシャッターを切っていますが、ブレています…

ついては、被写体にも法定速度の範囲内で速度コントロールをしてもらう必要がありそうです。これはバイクの乗り手側のマニュアルへ追記します。

 構図も難しい。今回は手持ちのレンズも少ないため画角の調整域が狭かったのですが、マニュアルへ参考構図を載せる必要があるかと思います。

やはりこの状況もかなり低速だったので背景が流れませんでした。法定速度内で速度が出しやすい場所を選ぶことも重要なのでしょう。

 やはり私のような人間には高性能手ブレ補正のついたレンズか三脚が必要なようです。前者は持ち合わせていないので、三脚で何とかします…
この写真は手ブレ補正なし、三脚なしです。しかもバイクの速度に同調できていないのでズレています。これは練習あるのみですね。

 あまりにも綺麗なロマンズカラーのNSRだったので載せてしまった。構図はダメダメですけどね…

 背景があまり流れていなくてもバンクがあることで躍動感が付く場合もあります。流して撮るよりはハードルが低そうですし、そのような場所選定も重要でしょう。あとはやはり構図でしょうか。もう少しバンク角が分かるように進行方向側から撮り、ワイディングも入れてみたい。

サンプル構図作成に協力してほしい…

 サンプル構図を作るためにライダー、カメラマンともに募集する予定ですが、現時点ではどこで募集するかは決まっておりません。ご協力いただける方がおりましたら、直接私までご連絡をいただければと思います。

交流会 候補地の下見

 以前よりBBQでの交流会を検討しておりましたので、ようやく候補地の一つである「養沢」の下見へ行ってきました。お目当ての施設は格安ですが、設備や環境面で色々と大変そうなのでNGにしました。どこでやろう?前回の釣りde交流会と同様にBBQに拘っているわけではないので、そのほかを含めて再検討します。

何かよい案や施設がありましたら教えてください。

 

 なお、帰宅してから気が付きましたが、養沢では園児がスズメバチに襲われる事件が起きていたようですね。まさにその場所です。確かに、今回のロケハンを含めてスズメバチが多く飛んでいた印象はありました。

盆踊り

 夕方には盆踊りに参加(強制付き添い)で写真を撮ってPM9:00近くに帰宅となりました。

本日はふとももが筋肉痛です…