世界一のプラネタリウム⁉

 西東京市にある多摩六都科学館へ遊びに行ってきました。行く前の下調べでYoutube上の動画を探しましたが館内雰囲気の分かる動画が少なかったこともあり。軽いレポート動画を作ってみました。

多摩六都科学館とは?

 Wikipediaより概要を調べてみました。以下引用です。

=============

1994年3月1日に開館。

多摩六都とは、多摩北部地域の小平・東村山・田無・保谷・清瀬・東久留米の6市を意味する。田無市と保谷市が2002年に合併して西東京市となったため、現在は5市であるが、名称に変更はない。

=============

 

 開館してから20年以上経過していますが、今回がの訪問となりました。以前より興味はあったのですが、大人だけで行ったら場に合わないかな?と余計な心配をしておりました…

結果から言うと、施設は子供目線を大事にしたコンテンツ作りになっています。しかし、大人でも十分に楽しめるコンテンツも盛りだくさんでしたし、大人だけで来ている方もいました。
※大多数は家族で来ていましたが…

訪問時に気を付けたいこと

 私も訪問前にインターネットで少し調べから行きましたが、ある程調べてから行くとより楽しめるかと思います。今回訪問して気づいた点を含めて少し書き出してみます。

開館時間

 通常は9時半からの開園のようです。今回の訪問は(国が無理やり制定した?)「山の日」だったので9時頃に施設入口に並びました。しかし、既にかなりの人数の方が並んでいました。同じく土日・祝日は混むようなので早めに並ぶことをお勧めします。

駐車場

 170台の駐車スペースがありました。しかし、開園前の時点で1/3程が埋まっていましたので、車で遅めに行く方は注意が必要かもしれません。なお、近隣駅よりバスで行くこともできますので、使い分けるとよいでしょう。場所はスカイタワー西東京が目印です。

入館料・駐車料金の免除

 障害者手帳、療育手帳または精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は、駐車料金と入館料(本人と介助者1名)は免除となります。チケット購入時に手帳と駐車券を一緒に提示してください。
車内に駐車券を忘れていかないように!!

プラネタリウムの上映スケジュール

 ここが一番注意が必要かもしれない。今回の訪問では全部で6回・4種類の上映がありました。それぞれ内容が異なりますので、事前に上映スケジュールを確認してから訪問することをお勧めします。

入館チケットと緒に上映チケットを購入する必要があります。

訪問した感想

 今回は祝日でしたが、早めの時間に行くことをお勧めします。15時過ぎに退館したのですが、午前中よりも混んでいました。夕方近くになれば空くだろうと考えると痛い目にあうかも知れません。おそらく一日中遊ぶ人が多いので後半になるほど人が多くなる印象でした。

チャレンジの部屋

 力や重さ、光を感じたり、宇宙の不思議を身体を使って科学の世界を体験するコーナーでした。 

 加速器の電磁石なども展示されていました。通電されていないので問題ないはずですが、私は自然と展示物から距離をとってしまいます。何故かというと…

 これは私の装着している補助人工心臓「エヴァハート」のマニュアルです。強い電磁界は避けなければならないのです。実際にそのような場所に近づくことは稀ですが、車やバイクを弄る人間にとってはエンジンルームを覗き込めないのは少し痛いです、オイルチェックもできない。(誰かがちゃんとチェックしてくれればいいのですが…)

 実物元素周期表は面白かったですね。子供たち向けの展示なので元素そのものではありません。それぞれの元素が利用されている物を具体的にイメージでき、大人でも楽しめます。

 何かと話題の元素ですね。なお、天青石の石言葉は「休息」とのことです。今の私にはピッタリかな…

 スペースシャトル エンデバーの実物大(?)の提示です。一応中にも入れるようでしたが、私は入ってきませんでした。

 ムーンウォーカーという月面世界を体験できるものがあり、沢山の親子が並んでいました。なお、身長と体重制限があり、我が子は体重の条件に満たないため体験できず。私は補助人工心臓を装着しているので乗れません。

 ほらね。

からだの部屋

 人間に限らず、色々な展示や施設がありました。あまりにも沢山ありすぎるので撮っていません。下記は音に関する展示の一部です。

「わたしたちの体の中には、どれくらいの血液の量があるのでしょか?」

 

この問題を解けますか?実際にペットボトルに入った液体を使って学習できるのでとても印象に残りました。

私が60kgだと仮定した場合、どれくらいの血液の量があるのでしょうか?

 

ページ下のコメント欄へ答えをどうぞ

 動脈硬化の仕組みも模型を使った説明があって、とても面白かったです。ここら辺は大人向けですね。

ちなみに、ここは明治薬科大学セルフメディケーション学研究室と協力した展示ブースでした。セルフメディケーションは大切ですよね。

 

自分自身の体をよく知るためにも次のVAD会はここでやりますか?(半分本気です)

 VAD装着者密度が高い⁉もともとは自分の視野範囲を確認するため(?)の二面鏡ですが、方法を無視して遊んでみちゃいました…

世界一のプラネタリウム!?

 他にも沢山のコーナーがありましたが、紹介しきれません。詳しくは六都科学館のホームページをご参照ください。

ここへ来たらプラネタリウムは見逃せません。以下はホームページの説明文の引用です。
===========

2012年7月にリニューアルし、新たに導入した投映機「CHIRONⅡ(ケイロンⅡ)」は1億4000万個を超える星々を投映します。直径27.5mの大型ドームスクリーンに高輝度LED光源で映し出す星空は、「最も先進的なプラネタリウム」として世界一に認定されました。微細な星の輝きがドームいっぱいに広がり、奥行き感のあるリアルな星空をお楽しみいただけます。

============

 

と、書いてはみたものの

 実は先週くらいから少し体調がよろしくありません。足の倦怠感から始まり、脈拍が測りにくい時も続いていました。(普段は簡単に脈をとることができます。)

2日前くらいからは急な体重増と浮腫みも出てきていますが、現在は小康状態です。家でジッとしていれば足の怠さ以外は問題ないんですけどね…

かなり疲れやすい状況下での訪問になってしまったので、何事にもすごくイライラしてました。正直、体調がよいときに行きたかったな。

来週は外来だしシッカリと診察してもらおう。たまたまエコー検査や採血でBNPの項目も入っているし…


定期購読、SNS

Facebookでは友達の公開範囲でブログより突っ込んだ投稿をしています。

Facebookの友達リクエストはスパム行為と区別するため、必ず自己紹介を添えて下さい。


スマホ用メニュー

スマホ用メニュー ホーム 筆者 ブログ VADの秘密 VADの種類 拡張型心筋症 交流会 井戸バド会議 ペイシェントマップ VADステッカー お問い合せ その他


follow us in feedlyにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へ

 サイト内検索