· 

「痛い」世界へ

 本日は人生で一度も足を踏み入れたことのない「痛い」世界へ遊びに行ってきました。免疫のない私は( ゚д゚)ポカーンでした…

痛ギター?

angelbeatsラッピングのギター

世の中広いですね…
しかし、見事にラッピングされております!!このほかにもiPadやスノーボードなどもラッピングされていましたよ。

angelbeatsラッピングのギター

こんなのもね。

ギター復活?

 しばらくギターを弾いていなかったこともあり、すっかり指が渋くなっております。渋いというより、疲労が先にでてしまい5分も弾くことができません…

補助人工心臓を装着ながら痛ギターを弾く

イェ~~イ!!

 

久しぶりの悪ノリでございます…

今回の写真はVADコントローラーと一緒に映りたかったので、コントローラーをお腹のほうへもってきています。

一応書いておきます。ドライブラインが弛んでいますが、写真撮影するときの一時的な姿であり、普段はこんなことはありませんよ。

 

店長さん、定員さん、他のお客様

大変お騒がせいたしました。またお邪魔させていただきます♪

真面目に

 本当はもっと奥の深いことを真面目にやっていたのですよ。サイゼリヤさん、長居してすみませんでした^^;

私には分からない

 使っていたサインペンを見てとなりました…

「ご使用後はコチンというまでしっかりキャップをしめてください。」

 

コチンって何?

「カチッ」や「パチン」ではないのか?世代によっても違うのかな?最後まで「コチン」の感覚は分かりませんでしたw

ご丁寧に二か所にも「コチン」と書いてある。はやり一般的な使い方で私が無知なだけなのか…

心臓移植後の薬

免疫抑制剤 サーティカン プレドニゾロン

これが何の薬か分かりますか?

私の薬ではなく、心臓移植を受けた方のお薬の一部です。

 

 

免疫抑制剤です。

 

 

心臓移植を受けたあとは免疫抑制剤がついてまわります。それは世間にも広く知られていることだとは思いますが、それはこの手のひらにある薬の量でしょうか?

もっと大量の薬を飲んでいるイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

もちろん人によって免疫抑制剤の量は異なります。

 

正しいと思っていることは実はメディアからの影響を受けたイメージに過ぎず、実は違っていたりすることも多くあります。それ自体が問題とは思いませんが、ほんの少し「実体」に触れることができれば気付くことができる。それが日本で臓器移植・臓器提供がなかなか定着しない要因の一つと感じます。
どのようすれば多くの方に「実体」に触れてもらえるのか?そのようなことを日々考え、実際に行動をしている人達がいます。その中には臓器移植を希望する私のような当事者もいます…
もっともっと、行政がしっかりと動いて欲しいものです。

 


定期購読、SNS

Facebookでは友達の公開範囲でブログより突っ込んだ投稿をしています。

Facebookの友達リクエストはスパム行為と区別するため、必ず自己紹介を添えて下さい。


スマホ用メニュー

スマホ用メニュー ホーム 筆者 ブログ VADの秘密 VADの種類 拡張型心筋症 交流会 井戸バド会議 ペイシェントマップ VADステッカー お問い合せ その他


follow us in feedlyにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へ

 サイト内検索