レビュー記事 「燻製醤油!?」そのお味は?

 燻製醤油とは一体何でしょう?モニターとして提供いただいていたのですが、ここしばらく多忙であったこともありレビュー記事の掲載が遅くなりました。

また、少量を使っただけのレビューにしたくなかったので、スプレー容器分を使い切ってからのレビューであることの説明を付け加えておきます。

 

ねこのくら工房

 ねこのくら工房さんで製造されおりますが、私のレビューも大分遅れたこともあって既に製品として発売されております。後に詳しく紹介させていただきます。

ねこのくら工房さんでは主に豆腐を作られているようですが、個人的には商品案内に記載さている「平家あげ」を食してみたくなりました。

燻製醤油 鼻で味わう美味しさ

 とりあえず手の甲へ直接スプレーして匂いを嗅いでみました。

私の嗅覚とのファーストコンタクトは鼻から10センチほど離れた距離で起こりました。スモークされた香りが瞬時に鼻孔をくすぐり、犬のようにクンクンと嗅ぎたくなるほどに癖になる香りでした。そして、私の脳からは「早く舐めろよ!!」と指令が出たようでペロリと一舐めしました。

セカンドコンタクトはまたしても香りでした。しかし、今度は口から鼻孔という違う経路を経て香りが届き、脳では「香り」ではなく何とも言えない「美味しさ」を感じ取ったようです。

 

 休日にコッソリ出かけてアリバイを作りたい方は、帰宅時に燻製醤油をシュシュッと体へスプレーすればBBQのアリバイが作れそうなくらいよい香りです。

服にシミが残ったり、嘘がバレたりしても私は責任を負いかねます…

燻製醤油 舌で味わう美味しさ

 「舌」で感じ取った味ですが、淡麗な印象が残りました。私は東京人でありバリバリの濃口醤油派です。西日本の方からみれば醤油漬けかよ!!という味付けに感じるかもしれない蕎麦やうどんの汁でさえ、私にとってはスタンダートなのです。そのような土地柄で育った舌であることも考慮いただき、レビューを読んでいただければと思います。

私が舌で感じ取った味は「癖のない味」であるが、「少し物足りない」という印象でした。

試した食材

お刺身

鯛などの淡白なものはちょうどよい味かもしれませが、鯛と燻製は少し合わなかった…

タコ刺しとの相性は良かった。

脂の多い魚は匂い、味ともに素材に負けてしまう印象でした。しかし、濃口醤油と混ぜて利用すると程よく香りも残り美味しくいただけました。

 

移植後では食べられないと囁かれる卵かけご飯ですが、私は大好きです。こちらも燻製醤油を試してみましたが、やはり黄身の濃厚さが勝ってしまいました。生卵は濃口醤油へ軍配です。

しかし、目玉焼きとなると状況が一変します!!

焼いた卵と燻製醤油の相性は抜群で、ワンランク上の目玉焼きへ変貌しました。焼き物と燻製醤油の相性は抜群のようです。目玉焼きでは燻製醤油へ軍配です。

ベーコンエッグは試しませんでしたが、おそらくたまらなく美味しいことでしょう♪

 

チーズ

圧倒的に燻製醤油へ軍配です!!

普通のチーズがスモークチーズへ大変身です。淡白な味ということもあって、チーズの味は邪魔しない印象でした。

 

番外編 スイーツ

まずはバニラアイス

バニラの香りへ燻製の香りが追加されるだけでなく、みたらし団子のような和スイーツへ変化します。

では、みたらし団子へ燻製醤油を使ってみたらどうなるのだろう?そのような疑問が出てきたので、スーパーへみたらし団子を調達してきました。^^;

これは反則技に近いほど美味しいです!!

燻製醤油を使うことによって炭火で焼いたような匂いになります。おそらく普通の焼き団子で使っても同じような効果を得られると思います。

私の評価

 あくまで料理人でもない素人の感想ですが、野球に例えるなら濃口醤油は3~5番打者のクリーンナップ燻製醤油は出塁を重視する1~2番打者の上位打者というところでしょうか。

しかし、どちらもスターティングメンバ―である。要は使う人(監督)の裁量次第で結果が変わるという面白い可能性を秘めた醤油なのかもしれません。

 私なりのレーダーチャートがコチラです。それぞれの特徴を使いこなせる方にはたまらない商品かも知れません。もしくは使い方を探るというのも面白いかも知れません。

 

 

 私は使い分けが出来そうにないため、勝手な要望として下記のような商品を出していただきたいと思ってしまいました。

 

香り強化版

もう少し香りの強さを上げるか、鼻孔に香りの余韻が残るものが欲しいと思いました。

 

マルチ版

普通の濃口醤油と混ぜて使う頻度が多かったです。もう少し、濃口醤油を活かしたマイルドな醤油だと使いやすいのかな?とも思いました。

私が再入院するとなれば、おそらく濃口醤油と燻製醤油の両方を持っていくと思います。ついてはマルチ版があるととても便利かもしれない。そのためにも香り強化は必要か?

 

 

付属のスプレーボトル

減塩生活が必要な人にとってスプレーボトル付属というのがありがたいですね。(プラスチックではなく、しっかりとしたガラス容器です。)

 

 

以上、私の勝手なレビューでした。

Kitchen Sakamotoでお買い求めできます

こちらの商品はKitchen Sakamoto様でご購入できます。

商品名は

 

(こうぞ)(くゆ)ル - 醤油の燻製

 

すみません、読みが分かりませんでしたので間違っている場合はご指摘ください。

私のような読み書きの苦手な方のためにもルビをふっていただけると助かります…

 

下記はホームページの商品説明の抜粋です。

商品ページはコチラ

世界遺産”五箇山の合掌集落”でお馴染みの富山県南砺市にある豆腐店”ねこのくら工房”さんとKitchen Sakamotoのコラボ商品

 

大豆は富山県産、合成添加物不使用

安心安全の美味しいお醤油を、五箇山和紙の原材料”楮(こうぞ)”でじっくり燻り、薫り高い燻製に仕上げました。スプレー容器入りなので、温かい料理にシュシュっ♪とひとふきすれば、まろやかなお醤油と楮スモークの華やかな香りが立ち上り、とても幸せな気持ちになります。

 

減塩効果も抜群!

醤油さしだと、ついついたくさんかかってしまったり、お皿に注いでも、ついしっかりと浸してしまったり・・・

そんな時こそスプレーボトルがとても便利!

「お醤油は好きだけど、減塩したい・・・でも、減塩食はどうも味気なくて・・・」とお嘆きの方にも最適です。

  

本商品は”My green Ribbon”認定商品です。

売上の一部を日本国内における臓器移植の普及啓発、海外渡航が必要な患者様の支援、難病と闘いつつ自立を目指す患者様の支援に役立てて参ります。

 


こちらのお店の代表、副代表の方はよく知っているお方です。私と同じく補助人工心臓を装着し、国内で心臓移植待機者とそのご家族です。VAD交流会にも出席いただき、会場提供の支援なども行っていただいております。

商品そのものだけでなく、そのコンセプトにも賛同いただける方はお買い求めいただけると幸いです。

 

 

 

 

 

 

最後に あまり書きたくないのですが…

私は商品販売には一切かかわっておらず、購入いただいても私へのキックバックがないことを記しておきます。

これまでも宣伝に絡むことはあまり書かないようにしています。それは心無い方(匿名)からのやっかみとも思える内容のメールや問い合わせが届くからです。しかし、今回はそれらがあってもご紹介したい商品でしたので記載させていただきました。


定期購読、SNS

Facebookでは友達の公開範囲でブログより突っ込んだ投稿をしています。

Facebookの友達リクエストはスパム行為と区別するため、必ず自己紹介を添えて下さい。


スマホ用メニュー

スマホ用メニュー ホーム 筆者 ブログ VADの秘密 VADの種類 拡張型心筋症 交流会 井戸バド会議 ペイシェントマップ VADステッカー お問い合せ その他


follow us in feedlyにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へ

 サイト内検索