新型小型ポンプ EVAHEART-2が登場⁉

 ブログには記していなかったようですが、2015年7月に横浜で開催された講演会にて開発中のポンプを拝見しており、ポンプ自体も一回り小さく、ドライブラインも細くなっていました。
そして、その新型小型ポンプがお披露目されました!!

新型小型ポンプ【EVAHEART-2】

EVAHEART-2

 詳しくはサンメディカル技術研究所のHPを参照ください。

新型小型ポンプ【EVAHEART-2】薬事承認のご案内

画像は上記ページより引用して掲載しています。

 

写真は縦横比が少し変な気もしますが、本当に小型です。EVAHEARTはそれなりにポンプの大きさがあるので、体格もそれなりになければならないとのことでしたが、小型化されたことにより女性や子供など体格が小さい方へも適用可能となるのでしょうか?

ドライブラインの硬さと太さ

 補助人工心臓を装着して1000日を超え、これまでに色々な方と接する機会に恵まれました。VADを装着している方とは貫通部(刺入部とも表現する)の状態やケアの方法について話題に上ることも多くありますが、それは貫通部の状態によって生活の質が大きく左右されるという現実の裏付けなのでしょう。幸いにして私は貫通部については大きなトラブルにならずに済んでいます。同じようにトラブルがない方もいれば、感染症などに苦しむ方もいらっしゃいます。なぜ、私はトラブルないのか?この状態を維持し続けるためにはどうすればよいのか?自分なりに考えながらケアをしてきました。

 

EVAHEARTのドライブラインは太くて硬い!!

 

 そのような話題も出ますが、私の体形と生活環境では今のドライブラインの太さと硬さが丁度良いのでは?そのように思うこともあります。恥ずかしながら私のお腹は皆さまと比べて出ているとう事実があります。そして日々の生活ではデスクワークの時間が多くを占めており、体調も心臓移植を待機している人とは思えないほどアクティブに動くこともあります。私の生活環境下においてはドライブラインにある程度の太さと硬さがあることにより、貫通部へのストレスが軽減されているのでは?そのように感じています。
 ドライブラインが細く、ソフトになることにより固定位置や角度の微妙な調整をはじめ、普段の生活動作で気を配ることにも変化がありそうな気もします。しかし、そんな私も最近まで硬い!!太い!!と嘆いた者の一人です。今回のEVAHEART-2により、一人でも多くの方が貫通部への悩みから解放されることを期待しています。 

実は痛い時も多い

EVAHEART

 ドライブラインが貫通している部分の痛みはありませんが、別の場所が痛むことは多いです。その一つが、胸です。私の体内にある血液ポンプはテニスボールほどの大きさがありますが、人間の身体にはそのような場所があらかじめ確保されているわけではなく、手術で血液ポンプを収めるためのポケットを作成します。
 血液ポンプ周辺の圧迫痛(?)は日々あります。確実に痛みがでるケースとしてはお腹いっぱいに食事をしてしまった時です。耐えられる範囲の痛みではありますが、何とも痛みを表現しにくい痛みです。もちろん、別の意味でも食べ過ぎないように注意していますが、、、

痛みを強引に例えるなら…

こぶしを握り肋骨あたりを軽くグリグリしてみてください。それを身体の内側からやられているような感じかな?

椅子に座る体勢や背もたれの角度によっても痛みがでます。立っている方が楽なことも多くあり「座って」と席を譲られることもありますが、正直座りたくないこともあります。

井戸バド会議は12/17(日)

 facebookページでは告知しておりましたが、次回の井戸バド会議は12/17(日)20:00~を予定しています。井戸バド会議の雰囲気はブログ記事これがオンラインVAD会だ!!を参照してください。


定期購読、SNS

Facebookでは友達の公開範囲でブログより突っ込んだ投稿をしています。

Facebookの友達リクエストはスパム行為と区別するため、必ず自己紹介を添えて下さい。


スマホ用メニュー

スマホ用メニュー ホーム 筆者 ブログ VADの秘密 VADの種類 拡張型心筋症 交流会 井戸バド会議 ペイシェントマップ VADステッカー お問い合せ その他


follow us in feedlyにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へ

 サイト内検索