主治医との別れ、エピソード

色々な別れが続いたこともあり、書く順番を悩んでいました。

 <シェア・拡散希望>国内心臓移植待機者の現状

 涙で溢れるような人生でいい

今回は長い闘病生活で起こり得る主治医とのお別れについてフォーカスしてみます。

主治医との別れ

 とても信頼している先生で寂しくもありますが、新天地でのご活躍をお祈りいたします。最近はいつでも記録できるようにビデオカメラを持ち歩いており、非常識ながら外来受診中に撮影の話を切り出させていただきました。(まさかの)公開の了承をただきましたので、こちらでその時の様子の一部を公開させていただきます。

手術当日のエピソード

 今回、私も知らなかった手術当日のエピソードをお聞きすることができました。動画中に出てくる「不二子ちゃん事件」についてはもう少し身辺が落ち着いてからブログで書きたいと思います。

心臓移植待機をして3年

 ニュース等で心臓移植の待機期間は3年とか1000日と言われていますが、過去の記事で書いているとおり私はそのように考えておりません。

過去記事を参照

補助人工心臓と1000日 ブログの先へ

 

やはり、移植を受けるまでの待機期間が長いと合併症のリスクや経済面からも覚悟をすることが沢山あります。私はできるだけそれらの覚悟を残せるよう努力していますが、大変つらい作業でもあります。今でも書いては消して、書いては消してを繰り返す日々です。
過去記事を参照

手紙

 

詳しくは書きませんが、昨年立てた目標は一通り達成できました。今年は昨年と同様の目標以外に手紙とともにビデオレターを残すことを目標として追加します。両方とも公開されないことを祈るばかりです。

過去記事を参照

2016年を振り返る

2016年を振り返る 総括

本年もよろしくお願い申し上げます

 

 

皆さま、本年もよろしくお願い申し上げます。


定期購読、SNS

Facebookでは友達の公開範囲でブログより突っ込んだ投稿をしています。

Facebookの友達リクエストはスパム行為と区別するため、必ず自己紹介を添えて下さい。


スマホ用メニュー

スマホ用メニュー ホーム 筆者 ブログ VADの秘密 VADの種類 拡張型心筋症 交流会 井戸バド会議 ペイシェントマップ VADステッカー お問い合せ その他


follow us in feedlyにほんブログ村 病気ブログ 心筋症へ

 サイト内検索