· 

命の危機と混乱 補助人工心臓の手術

 補助人工装着前後と退院前後の記憶がフラッシュバックしました。改めてブログでも書き残しておきたいと思います。なお、術前の苦しみや鎮静、せん妄の状況が含まれる話なので「へぇ~~」くらいに留めてください。

命の危機と混乱

 補助人工心臓を装着する前の状況は過去記事 すさまじい一年でしたを参照ください。IABP(大動脈内バルーンパンピング)を施され、手術当日の朝を迎えます。IABPについては他のサイトで詳しく掲載されているので、そちらをご参照いただきたい。(超大雑把に書くとカテーテルの先端に風船のようなものがついており、心拍に合わせて風船を膨らませたりすることで心臓の働きを補助するものです。)

 弟が対外式VADを装着する前にIABPを使っていたことを記憶していたため、自分がどのような状態に置かれているのかが嫌というほど理解できました。しかし、IABPを使うことで少し身体が楽になれることも分かっていました。当時の記憶は曖昧で私が同意したのか家族同意だったのかは覚えていませんが、自分自身へIABPが装着されるということは理解していました。

IABP装着で楽になった?

 IABP装着後、水に溺れているかのような苦しさは「多少」軽減され、短い会話ができる程度の余裕はできた。この写真がその証拠かな?

妻へ写真を撮っとけ!!と言って撮らせたような気がします。そうでも言わなきゃ写真なんか残りません…

ちなみに右下の見切れている機械がIABPの駆動装置だったような気がします。

 

このあと急速に状態が悪くなっていきます。この病室は弟を看取った病室の並びであり、室内の雰囲気をよく覚えていました。この後に続く出来事が分かってしまうかのようで辛かったような、懐かしかったような…

 

そんな複雑な感情を抱きながら苦しみの極限を迎えることになりました。

峰不二子に裏切られた

 

 ベンツSSKだろうか?黄色の独特なフォルムの車に乗り、黒服の追手から逃げ回っていました。私は峰不二子と何かを盗み逃げていたのです。追手を振りきりヨーロッパの下町にあるような路地で峰不二子らしき人物と別れるのだが、背後から峰不二子に撃たれて取り分を持ち逃げされてしまう。峰不二子に撃たれた私は倒れこみ苦しみにもがいているが、いつの間にか周囲が病室の風景に代わっていたのです。術前の壮絶な苦しみがそのような夢を見させていたのか?
それが先日の動画(0:30~)にある不二子ちゃん事件のことです。
本当に朝が迎えられてよかったです。明日も朝が迎えられますように。

 

手術直後に様々な体験をしましたが、それについては記事 回想 手術直後 を参照ください。

違和感と身体の痛み

 幸いにしてこれまでに貫通部(刺入部)のトラブルは軽度の潰瘍?のみであり肉芽や感染といった状態も経験しておらず、順調かと思います。しかし、今回フラッシュバックしてしまった原因は痛みで、腹部ではなく胸・背中・腰といった部分です。

 

 補助人工心臓の植込みしてからしばらくは人工呼吸器が付けられていました。身体の筋力は皆無でひらがな一つとして書けませんでした。(ベッドに腕をあずけたままプルプルとペンを握るのがやっとの状態)術後の痛みについて聞かれることがありますが、しばらくは鎮静されていることもあるので痛みは感じていなかったと思いますが、それよりもとてつもない違和感がこたえました。

見える景色が違う

 筋力が全くない状態で首を動かすこともできず、何とか目だけをグルグルと動かし周囲を見渡す。ここはどこなのだろう?しかし、殆ど天井しか見えない…

ここはどこ?

まるでテレビドラマJIN - 仁の主人公である南方 仁のように異世界へ迷い込んだような感覚だったのかも知れません。

そんなことを書くと大沢たかおファンに怒られるかも知れませんが…

背中を襲う激痛

 人工呼吸器が抜管されてからだろうか?鎮静が取れてから?背中が猛烈に痛み出しました。ベッド角度はほぼフラットで固定されており、自力ではピクリとも身体をずらすことができないため、頻繁に体位変換をしてもらうが痛みは変わらず、湿布をしてもらってもほぼ変わらない。
ひたすら時が流れるのを待つだけであり、あれほど時計を睨みつけたのは人生で初めてだ。

まだ3分しかたっていない、まだ5分しかたっていない、5時を指している短針は午前なのか午後なのか?夜はまだ明けぬのか?そんなことの繰り返し。

時が過ぎ、リハビリが始まる。リハビリの様子は記事久しぶりに歩く&術後の回想 を参照ください。

ベッドでの寝起きはできるのか?

 院内ベッドでは背上げができるので楽に寝起きができましたが、自宅ではフラットなベッドが待っている。退院へ向けたリハビリが続く中、今の身体で寝起きができるだろうか?そのような心配をしていました。
というのも胸部痛は全然引いておらず、少しでも身体をひねるとビキビキと骨が剥がれるような痛みが走る状況で一人でフラットなベッドへ身を預けるなんて不可能だ!!と思っており、リハビリ時に理学療法士へ相談しました。

 

コツさえわかれば大丈夫!!

 

と爽やかな笑顔でアッサリと言いのけるが、私は全然信用しなかった。

やり方の説明や手本を見せてもらい、左肘あたりを支えにして横になる方法へチャレンジしてみることとなった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いて~じゃね~か!!

 

 

 

 

 

 

 

 

なんとか寝ることはできましたが、起き上がることはできませんでした…

そんなこともあって翌日のリハビリメニューに加えられることになり、無事に習得して退院することができました。

この写真はリハビリ生活の終盤だったかな?

病室でイガグリ頭にされましたよ^^;

 

 

しかし、退院してからも1年近くは胸部痛に悩まされました。起床時は身体が固まっていることもあってかビキビキと骨が剥がれるような痛みに襲われる。それを避けるためにも寝ながら徐々に体を動かし慣らしてから起き上がるのだ。痛みは徐々に薄れ、極短時間であれば涅槃仏のように半身を預けることすらできるようになった。(ドライブラインが腹部を貫通していない左側のみ)

再び胸部痛

 年末の大掃除を頑張ってしまった影響と思いますが腰と胸を痛めてしまい、退院当初と同じくらいの痛みが現れています。休職中だった当時と違い平日はデスクワークなので支障が大きいです。在宅勤務時は痛みが酷ければベッドで少し横になれたりもしますが、出社しているとそうもいきません。当面は外用薬で乗り切るしかありませんね。
心臓移植を受けられたら思う存分に寝返りをうちたい。そしてマッサージを受けたい…

ホームページ更新中

システム上の機能廃止等もありホームページをメンテナンス中です。過去に取り組んで活用されていないものは一度非表示にしています。ニュース記事についてはトップページ下部へ統合しましたので、心筋症や補助人工心臓、移植などを含めた医療に関する情報はそちらをご確認ください。

次回の井戸バド会議

2/25(日)20時から井戸バド会議を実施しますので、どうぞご参加ください。

今回はゆる~~くやります。

<参加について>

  誰でも参加できます。

<視聴について>

 ☑参加者のみ視聴可能

 □参加者およびFacebookグループのメンバーが視聴可能です。

 □誰でも視聴可能

<井戸バド終了後のYoutube動画について>

 Youtube配信なし

Facebookグループへの参加リクエスト

当事者のコミュニティを最優先に考えて参加リクエストを承認を判断します。

<注意>

プロフィール不明や偽造と思われる場合は迷惑行為防止のため承認しないこともあり、承認後も予告なしに取り消すこともあります。あくまで私の独断であり、承認可否の理由については一切コメントしません。(先に私へ友達リクエストをいただけると判断しやすいので助かります)