· 

私の目に映った リアル「ブラックペアン」日本初! 心臓移植の秘話

画像は毎日新聞へ掲載された記事より引用
画像は毎日新聞へ掲載された記事より引用

関ジャニ∞丸山隆平がメインMCを務める土曜朝の情報番組「サタデープラス」(MBS/TBS系全国ネット)

 

 昨夜のブログ記事で紹介したテレビ番組をみました。限られた時間のなかでよくまとめられていると思いました。番組の感想とある手記をご紹介させていただきます。

和田心臓移植事件の概要

 十分とはいえませんが、概要は掴んでいたと思います。そこから31年間、国内での心臓移植への扉は固く閉ざされたとあります。しかし、その扉を閉ざしたのは和田医師など執刀医だけだったのだろうか?そんな印象を受けました。

臓器移植法の成立へ尽力した人物

 放送内では医師達が臓器移植法の成立へ導いたされていますが、実際にはもっと多くの方の力により成立したと理解しています。私は彼らの存在を知っています。いずれにせよ長きにわたり閉ざされた扉が開いたことで、私は国内で移植の機会を待つことができています。

世界の臓器提供者数

出典:日本移植学会 「臓器移植データのQ&A」より
出典:日本移植学会 「臓器移植データのQ&A」より

放送内で紹介されたパネルに引っかかる表現があったのでツッコミを入れておきたい。録画が失敗しており、放送されていたパネルを正確には覚えていませんが確か世界での移植件数?提供者数?のグラフだっと思う。

日本が「1」に満たない数字だったので、おそらくこのグラフに近いものだっと思う。

グラフの基点がおかしい?

これは私が記憶を辿り再現したグラフ
これは私が記憶を辿り再現したグラフ

 テレビ放送でのパネルを見てときに「他国と比較して、日本の棒が長すぎる」と違和感を感じました。なんと、グラフの基点が「0」ではなく「-5」だったのです。それがなんとも残念な点でした。

0基点で表現したグラフ
0基点で表現したグラフ

 これは基点を「0」にした場合のグラフです。たしかに基点を「0」にしてしまうと日本の部分は見えなくなってしまうかもしれないが、そこは現状を正しく伝えるために表現してほしかった。このグラフをみて私は「違和感」として捉えることができましたが、初めて移植に関する番組をご覧になった方はどう捉えたのだろうか?

このような小さなことから正確に伝えていかなければならない時期ではないのだろうか?はたして「-5」を起点とした意図は何だったのだろう?
教えて、番組製作者さん。

「臓器提供を決めたのは、家族の決断ではありません。あなたが家族にそうさせたんです。」

 今回の放送では臓器移植法制定以前に臓器提供ができない家族のエピソードが含まれておりました。放送終了後に改めてこの手記を読み返しましたのでご紹介させていただきます。

 

臓器提供を受けたい、受けたくない

臓器提供をしたい、したくない

 

どの意志も尊重される。しかし、可能であれば意思表示につながるパンくずを撒いてほしい。それは普段の会話の中でもよいし、意思表示カードへの記入でもよいと思う。家族はパンくずを拾い集める。そこに臓器提供に関する意思のかけらがあって欲しいと願います。

臓器提供ご家族の手記 「あなたの遺志を継ぐのは、あなたが愛してくれた家族です」
拡大できます

他の手記も日本臓器移植ネットワーク 小冊子 think transplant より閲覧できます。


誰でもVAD交流会 申込み