· 

「闘病の当事者体験」の検索結果は戦国時代へ突入した⁉さぁ、どうする?

スマホを弄る女性

 2017年、世間を騒がせた話題の一つに医療情報まとめサイト「WELQ」があったことを覚えているだろうか?「健康や医療」に関する不正確な記事や著作権無視が相次いで見つかった医療系まとめサイトだ。最近、ブログを更新していなかったのは息苦しくパソコンを触る元気がなかったわけでもなく、それ以上の出来事があったからである。この記事を書くことで「私の得はない」むしろ「損をする」かもしれないが、あえて書いてみたいと思う。

医療に関するグーグルの検索結果が更に変わった?

 Googleの検索アルゴリズムは頻繁にアップデートされるが、2017年12月に大きくアップデートされた。これは冒頭に記載したWELQの影響も大きいが、以前より「健康や医療」についてとんでもない記事が溢れていた。例えば効能・効果を謳うような写真や映像などのビジュアルを駆使した食品やサプリメント、器具の広告などがあります。記憶にありませんか?「個人の感想です」とか目に見えないくらいの文字で書いてることや、映像では1秒くらいの間に軽く100文字を超える速読者も真っ青なテロップも存在します。そして、日本のウェブサイトでは買わせるために薬事法違反をしない程度に強引なプロモーションが異常な多さで「行われている」と感じる。

 Googleは日本の異常なまでの「行われている」を見かけ上「行われていた」にシフトさせつつある。その取り組みの一つが日本語検索における「健康や医療」に関する検索結果の改善である。検索結果を変えたというのは漠然とし過ぎているが、Googleウェブマスター向け公式ブログでは「ページの評価方法」をアップデートしたと記されている。

 

医療従事者や専門家、医療機関の情報がトップ表示になった功罪

 このアップデートにより数々の「行われてる」が検索結果より見かけなくなった。正確に言うと検索結果の順位が大きく落ちたことでユーザーの目に触れにくくなったということだろう。そして、見出しにあるとおり医療従事者や医療機関のページがトップに表示されるように変り、病気に関する正確性が十分なウェブサイトや記事へ辿り着きやすくなった。これは大多数の人にとって良いことだったと思う。統計がないので断言することはできないが、正確性が不十分なウェブサイトを追い出すことで誤った治療やサプリメントに走る機会を少なくしたことは事実であろう。しかし、そこに片足を突っ込んでしまったのが「病気」に関する「当事者の声」だ。

病気の体験談はNG!?どうする病気を発信するブロガー達

 12月のアップデートも当事者の声を記載するブログやウェブサイトは多少なりとも影響を受けただろう。病名などとともに「体験談」という言葉はご法度となりつつあったのだから、「補助人工心臓体験記」という名称を用いている当サイトにとってはとても痛い状況であった。これまで当サイトを閲覧している方の半数以上がGoogleとYahooの検索から流入していた状況なので当然の結果である。モチベーションを若干下げつつも、臓器移植や臓器提供に関するトンデモ記事が検索結果に表示されにくくなったので良しと納得させたのだ。(ちなみにこの時期を境にブログ記事の更新頻度が一段と下がったが、このアップデートが影響している訳ではない。)

 

 しかし、2018年8月のアップデートではとてつもない影響があったのだ。それによりモチベーションがゼロになりブログが書けなかった!!ということもあるが、それよりも「なぜ補助人工心臓体験記がその対象へ入ったのか?」ということを考え、その事実を裏付けるログを収集することへ躍起になっていたのだ。

ログから見る3つのNGな取り組み

 一応ウェブサイトを管理している身ではあるが、ウェブサイトを開設した直後は

 

HTML?

あ~~Webページの構成文ね

少しなら例文見ながら書けるけど…

 

CSS?

何それ?

 

Java?

あれって紅茶だっけ?

 

多少オーバーではあるがそのような知識で始めた素人なので、下記の内容は正確性に欠くと思います。その前提で読んでください。

  1. ドメインの信頼性が命
  2. オリジナルコンテンツの発信
  3. アフィリエイトに間違われない

1.ドメイン信頼性が病気ブロガーの生死を分ける

 これは2017年12月のアップデートより判明していることで、公的機関の発信が最優先で表示されるようになりました。Googleの対応からすれば極当たり前なことです。この時点では「補助人工心臓」単体の検索ワードでは3ページ目すらも表示されなくなりましたが、サブワード(例えば「補助人工心臓 ブログ」などの組み合わせ)ではほぼ1ページ目に表示されていたので、その程度の「ドメイン上」の信頼性はあったのだと思います。しかし、8月のアップデートで分かったことですが「サブワード」についても公的機関の発信やドメインの信頼性がより重要視される結果が表示されるようになりました。

 

 簡単に言うと規模の広く普及しているドメインが出やすくなりました。日本で非常に多く使われているアメブロなどが代表的な結果だと思います。これから闘病ブログを開設してみようかな~という方は、ドメイン信頼性を意識したほうが良いかもしれません。「.comの独自ドメインが欲しい!!」と思われるかもしれませんが、.comドメイン自体に信頼性はもっていませんので、一から信頼性を積み上げる必要があります。今の状況はアメブロなどの大手ドメインと完全に競合しますので、それに打ち勝ち検索結果を期待するのは容易ではない状況であり、「検索結果の上位表示」を目的に独自ドメインを取得するのはお勧めはしません。

私は幅広く且つ、将来的に「その他」の目的を持っているので、独自ドメインと独自ウェブサイトを使い続けています。

 

 闘病ブログを開設しようと考えている方は「自分が検索されたいワード」で検索してみて下さい。その上位のブログはなんというドメイン・サービスですか?検索結果だけで考えた場合、そこに乗っかることが「今」は手っ取り早いと思います。ちなみに一度構築したブログを移設することは大変なケースが多いです、サービスを決める際によく検討いただけたらと思います。

2.オリジナルとはどう意味?

 オリジナルとは言葉のとおり「独自のもの」という意味ですが、Google検索でいうオリジナルは少し意味合いが異なる場合があります。ひと昔前までは、質のよい記事を高頻度で更新することが検索結果に良い影響を与えられると言われていました。確かにその通りだと思いますし、たった3年間だけですがウェブサイトからの発信・管理をしてきた当人としても実感します。

 

 しかし、8月のアップデートで「オリジナル」であることの判断が一層と厳しくなったとするログが観測されました。その実験として当サイトでもいくつかの実験を行っていました。サイトデザインが頻繁に更新ている?とお気づきになられた方もいらっしゃるかもしれません。現在、Google検索においての「オリジナル」とは「検索結果上の類似がない」という点が重要視されつつあるという検索結果の動向が観測できました。

その点を確かめるべく、過去に利用していたブログ紹介サイトなどのリンクやバナーなどをあえて復活させてたりして動向を観測していました。タイトルとして表示されるだけでも類似していると認識されるようです。その点を確認できたので休眠していたサービスは全てアカウントから解除し、検索結果の類似にあたらないようにしました。しかし、この点はそこまで大きなインパクトではありませんでした。一番大きな点はウェブサイト・ブログサイトの併設による影響です。

 

 私がウェブサイトを開設した当初は補助人工心臓装着者のブログやウェブサイトは非常に少ない状況でした。今となってはブログやSNSで堂々と補助人工心臓や心臓移植待機をしていることが書かれていますが、当時はそんな雰囲気ではなくインターネット上でもコミュニケーションをとることが大変難しい状況でした。そんな中でも何処かにいるであろう同じような悩みをもった方達と繋がりたく、当ウェブサイトと平行してSNS(Mixi,Facebookツイッター)を活用するとともに他のブログサービスを使っておりました。その中でアメブロやヤフーブログも活用し、ブログ名・タイトル・冒頭の内容のみを転記する形で数の少ない当事者であっても関係を増やすキッカケを作ることが出来ました。しかし、8月になって状況は一変します。

 

 併設しているブログの名前などが「検索結果上の類似がない」という点で、当ウェブサイト側が「オリジナルではない」と判定されてしまったようです。まさに自分自身のアメブロやヤフーブログと競合してしまった形です。ドメイン評価の高いサイトと同じ内容で競合したら結果は火を見るよりも明らかです。どの部分まで競合とされているのか判断できかねていますが、ブログ名は確実に影響しているので変更しました。また、当面は記事の連携はSNS経由でリンク掲載のみとしました。
SNSでの名前も検索結果に影響していると判断した場合、アカウントはそのままで表示名のみ変更します。

3.アフィリエイトの判定となるポイント

 アフィリエイトとはウェブサイトに企業のサービスや商品を紹介することで、企業の利益へ繋がる成果が上がった場合に報酬を受け取ることが出来る歩合制広告のような仕組みです。もちろん、当ウェブサイトにはアフィリエイトは一切掲載しておりません。
しかし、おそらく8月のアップデートでアフィリエイトの判定もついてしまったようです。その理由の一つと思われるのが、2つ目に記入した「オリジナルではない」という点です。

 

 アフィリエイトを目的で多く見られるのが他のサイトの文面や画像のコピーです。多少の細工はしているもののおおよそ同じような文面が並びます。まさに今回のアメブロやヤフーブログを併設したことで当ウェブサイト側がアフェリエイト評価が入ってしまったのかも知れません。過去のコメントなどもあるので併設ブログ自体は消しませんが、一時の様子をみるために当ウェブサイトのリンクを残して過去の記事を友達限定などへ変更しようかと思います。

私と同じように一部内容でも併設ブログを持っている場合、そしてGoogle検索流入を意識されている方は見直したほうがよいかも知れません。

素早い対応は必要だが達観することも大事

 当ウェブサイトは当事者の発信をリアルに伝えるために開設したので、見てもらわなければ苦労して悩んで続ける意味はないと思っている。どんなに稚拙な文章でも少なくとも数時間をかけて書き上げている。例えば

 

何を伝えたいか考える

・今日はこんなことがあったなぁ、明日は何があるだろう?

・今日はこんなニュースがあったけど、伝えたほうがよいかな?

・なんかモヤモヤするけど、それを伝えたいなぁ

 

読み手を絞り、意識する

・常連さんはどんなことを期待しているのだろう?

・新たに閲覧しに来た方へ伝わるだろうか?

・もっと読みたい気にさせるにはどうしたらよいだろう?

 

目に留まるようにする

・サムネイルをどうしよう?著作権、肖像権も十分に確認しなきゃ

・出典元の正確性はどうだろう?

・SNS連携時のdescriptionは何と書こう?

 

投稿時に考える

・朝の通勤時間帯に確認できるようか?それとも夕食後くらいにしようか?

・本当にこの内容でよいかな?

 

投稿後に考える

・併設ブログやSNSでの見え方は大丈夫かな?

・誤字脱字はないかな?(本来、最も重点的に確認すべきですが…)

 

 

 記事自体は大手ブログサービスと同じように書くことができますが、一部ヘッダーなどは手でコードを書かなければならない。多分、当ウェブサイトの閲覧者は私がどれだけ長い時間をかけて一つの記事を書いているのかは気っとずっと伝わらないだろう…

それでも記事に書き出せているのは本当に伝えたいことの1%も表せていない。2%も表せたらまさに奇跡だろう。さらにそれが伝わるかどうかは不明だ…

 

しかし、小手先で色々とやろうがGoogle様の方針次第で事は変化する。数日先をアクセスを考えるだけでなく1ヵ月後・1年後・3年後を考えどっしり構えることも重要だろう。

書けてよかった!!

 8月に入ってから記事以外のところでトライ・アンド・エラーを繰り返してきたので、この記事を書けたことがとりあえず一つに区切りになったと思う。ウェブ開発者ではなく基礎知識に乏しい私には理解できないことが沢山ですが、それでも自分なりに何かをつかめたかと思います。この記事は私のウェブサイトを「Google検索結果の上位表示」させるためにはをマイナスだと思います。それは仮に有効な方法だった場合、秘密にしておいたほうが当ウェブサイトの競合は減りますから…

しかし、当事者の声が減ることは嫌なので備忘録として残しました。

 

 

勇気と元気をください

 

小学校卒業以来、補助人工心臓を装着するまで日記らしいことを書いたことがなかった。

そんな私が書き続けているのは奇跡に近い。

いや、奇跡以上だろう…

 

そんな私が今回の件で少々肩を落としている。

慣れないアクセス解析に疲れただけかもしれない。

しかし、これだけは言える。

Google検索で新規にたどりつく人はいなくなった。

新しく見る人がいなければコミュニティは広がらない。

 

だから皆で盛り上げようぜ!!

 

VAD装着者、介助者、家族

そんな括りは関係ない

 

移植者だっていいんだぜ

 

提供者側だっていいんだぜ

 

親戚だって

 

友人や同僚だって

 

看護師だって

 

外科医でも内科医でも

 

病院スタッフでも

 

遠くからコッソリ覗いている人でも

 

誰でもいんだぜ!!

 

 

 

老いも若きも関係ない!!

 

男も女も立ち上がろうぜ!!

 

 

 

点滴の刺さった手をあげようぜ!!

 

何もかも失ったら、あとは増えるだけだ

 

 唯一、宣言できること。 

新たに見る人がいない状況では「誰でもVAD交流会」は開けません。

ご参考までに

8/14に対策して記事投稿時の検索ワードの順位表示、多少なりとも回復しつつある。なお、Yahooの検索結果はGoogleに2日ほど遅れて追従する傾向がある。


あなたへのおすすめコンテンツ