· 

ココロはカラフル過ぎて色濁る

全身筋肉痛の心臓移植待機者
全身筋肉痛の心臓移植待機者

 補助人工心臓を装着して素敵な生活もあった。一瞬を切り取り寄せ集めればとても素敵な生活に映ることだろう。どれも色鮮やかではあるが、綺麗な色も混ぜすぎると暗いグレー色になる。

心臓移植待機生活が長引くほどにココロはグレーに染まる

 今に始まったことではありませんが、今年に入ってからはそんなことを実感する日々が増えてきている。一度グレーに染まった絵の具を明るくするのは容易ではない、小手先で明るくする方法があれば教えて欲しいくらいだ。

白い絵の具を大量に入手でき、それを私のココロへ投下できれば明るくなるかもしれない。私にとって白い絵の具は身近に沢山存在するし、お金がかかるモノでもない。しかし、白い絵の具が存在することと、それを「入手」できるかは別の話であり、「入手」が大変難しい。これも心臓移植待機者である私のリアルの一つだ。

長い心臓移植待機期間を明るい色で保ち続けられる人は素直に尊敬する

 何度もグレーに染まった私のココロは小手先ではどうにもならない状況だ。しかし、どんなに色が混ざっても真っ黒にはならないのが唯一の救いといういうべきか?それとも皮肉というべきか?

できれば薄いグレーに近づけたいが、絵の具の様にもがくほどグレーからの脱出は難しくなる。私はこのまま「今のグレー」で押し通そう。

 

心臓移植を受けれるのは2019年?2020年?

 先日の外来で心臓移植の時期について少しお話しがありました。まぁ、今年はないでしょう。それは言われなくとも分かるし、言葉では言われなかった。

結果、まだまだ粘らなければならないようです。補助人工心臓装着前に説明されたように、2020年夏の東京オリンピックまでに巡ってくればよいかな。

心身ともに上昇することは少ないだろうが、今よりい落ちないようにはしたい。それは時間との闘いと言い換えることも出来るだろう。私にとって闘いを完全放棄する時間的限度の目安が東京オリンピックだろう。

 

そんな状況下でライブ配信

11/22(木)22時より予定しています。

今日はロングバージョンの消毒です、そして私が全身筋肉痛になっている原因が分かると思います。


次の記事へ進む

コメントをお書きください

コメント: 5
  • #1

    ゆーえ (木曜日, 29 11月 2018 20:26)

    プチさんは血液型は何型なのですか?AやOは4年ほど、Bは。かなりかかると聞いたことがありますが。

  • #2

    インテグラー (土曜日, 01 12月 2018 20:18)

    ゆーえさん年数は、いつの時点のデータでしょうか??

  • #3

    ゆーえ (土曜日, 01 12月 2018 22:10)

    インテグラーさん
    きちっとしたデータではなく、医療側の一般的な感覚から発言されたものです。
    移植実績はネットワークで公表されてますが、血液型は出てませんので。
    当然、大きさや血液のマッチングなど多くの条件で早く(3年未満)もあるし、6年経っても受けれていない方もいるようですが。

  • #4

    Ishii(管理人) (月曜日, 03 12月 2018 12:32)

    >ゆーえさん
    コメントありがとうございます。

    わたしの血液型はご想像にお任せしますが「現時点」でB型が突出して多いわけではありません。それはJOTにも情報が掲載されていますのでご参照下さい。
    http://www.jotnw.or.jp/file_lib/pc/datafile_hope_detail_pdf/heart1031_2.pdf

    移植の機会はご存知の通り、多くのことに関係します。そこには待機期間の長さもあり、古くから登録されている方が優先されます。ある時期、B型が突出して多く登録された時期があったと聞いています。
    それが「B型多い」「B型は長く待つ」という話として広がっているのではないでしょうか。
    心臓移植待機者の血液型トレンドというのでしょうか、、、
    今後はどうなるのでしょうか。そもそも移植件数が多ければあまり気にする内容ではないと感じます。気になってしまうほど日本での移植件数が少なく、道のりが異常に長いということを表しているのかも知れませんね。

  • #5

    ゆーえ (月曜日, 03 12月 2018 23:38)

    プチ様
    ご回答ありがとうございました。
    仰られたことが、B型が長いという発言の背景にあるかもしれません。
    また、プチ様が多くのことをオープンにされているとはいえ、血液型など個人情報に関わる質問はネット上で安易にすべきでありませんでした。
    失礼いたしました。