· 

スマホがない闘病生活なんてありえない!?

 私の闘病生活には欠くことのできないパソコンとスマホ。ここ最近、これら必須アイテムの買い替えとトラブルに悩んでいたので書き残しておきたい。
スマホという便利な存在を知ってしまった現代の私たち、スマホ無しで闘病生活を乗り切ることはできるのだろうか?

闘病生活とパソコン、ときどきスマホ

Mac PCが欲しい…
Mac PCが欲しい…

 思い出話をふくめて私のデジタル遍歴について触れておく。パソコンはWindows On 自作PC派で現在のメインPCはWindows10 on BTO製。携帯電話はiPhone7を使っている。ちなみにAndroidは操作性があまり好きになれませんが、お値段的に機種変候補ではある。

パソコンはWindows一筋?でもMac miniが欲しい

マザーボードとCPU,メモリ

 初めて触れたパソコンはWindowsではない、そこはご想像される年齢からお察しを…

授業や仕事でMacを使うことはありましたが、やはりWindowsにドップリと浸かった人間としては少々頭の切り替えが大変です。(今はMac miniが欲しくてたまらないのですが高いです)

 

 10年前は一般家庭のみならず企業もパソコンといえばWindowsXPが全盛期であり、満を持して発表されたVistaは酷評されていた頃だ。現在では9割近くがWindowsで、10より7のほうが若干多いらしい、その他Mac OSやLinuxなどが1割程度入ってきている。

昨年、パソコンを買い替えたばかりだが色々とトラブルがあったので記事後半で綴ります。

バイブなし携帯電話からPHS

黒電話

 私が物心のついた頃はテレビ番組で盛んに登場ショルダーフォンが取り上げられていましたが、家は黒電話でした。今思い出すと黒電話も相当大事にされていたんですよね?ご家庭によっては手製のカバーに纏われており、座布団らしきものに鎮座していた記憶があります。

当然だと思いますが、我が子は黒電話の使い方を知らないと思います。

初めての携帯電話

Nokia NM151

 初めて自分の電話機を手にしたのはバイブレーション機能が標準搭載されていない時代で、親よりDoCoMoの携帯電話を持たされた。docomoではなくDoCoMoです…
この携帯電話は塾に行くときくらいで持ち歩くことは殆どなく、常時持ち歩くようになったのはPHS(ピッチ)が登場してからだ。

 

画像はドコモCS東北HPより引用

http://www.docomo-cs-tohoku.co.jp/museum/tanmatsu/nm151.html

テレフォンカードが重宝された

古いタイプの緑の公衆電話
古いタイプの公衆電話

 当時、周囲はポケベル全盛であったが既にPHSを持っていたこともあり、私が手にすることはなかったものの今でも入力はできる。 お土産にいただくテレフォンカードに重宝していた人もいるはず。

 

私からプッシュします。

分かった人はその通りに^^;

*2*2 12718851523244936725740345211244

 

ポケベル後期世代ですが、今思えば超高速でプッシュボタンを操る姿はスマホの「フリック入力」に近いのかもしれない。私はフリック入力が苦手で「QWERTY入力」です。(早くiPhoneでQWERTYでの一筆書き対応をして欲しい)

未来の携帯電話だったガラケー

ガラケーの山

 話をパソコンとおなじ10年前に戻してみる。当時、携帯電話といえばカメラのみならず動画や音楽再生など多機能を売りにした「フィーチャー・フォン」が主流で、大手電気メーカーのブランド名を冠した「AQUOSケータイ」や「ウォークマンケータイ」など新商品が毎月のように発表されていたように思う。

iPhoneが日本へ導入されたのが10年ほど前だ。今では子どもからお年寄りまでもがスマートフォンを持つ時代になり、2017年には「スマホ」という言葉が広辞苑に追加されたほどだ。

スマホ無しでは闘病できない?

患者の脳内イメージ

 広辞苑に追加されるほど現代生活に組み込まれたスマホだが、これは闘病生活にも当てはまるのではないか?昔は携帯もコンテンツも少なかった。そんな便利なものが無くても闘病していた。もしかしたら無くてもどうにかなるのかも知れない。

しかし、スマホという便利な存在を知ってしまった現代の私たちはスマホ無しで闘病生活を乗り切ることはできるのだろうか?私にはその自信がない。良い時代に生まれた(病気になった)とも言える。

スマホやコンテンツがなかった時代に壮絶な闘病生活をされていた方、今はスマホ無しで闘病できますか?

 

 

 

 しかし、今だからこそ生れる悩みも多い。例えばこれまで対峙しなくてよいようなことと向き合わなければならず、途方もない多種多様な答えから自分だけでなく家族にとって最良と思えるものを選択しなければならない悩みもある。他の人がどう思っているかは知らないが私はそう感じる。

まとめ 新型iPhoneに悩んだ

iPhone7と任天堂スイッチ
黒が好きねぇ…

 とても長い前置きになってしまったが、iPhone7に機種変更してから2年が経過したので機種変更をしようか迷っていた。新型iPhoneに期待を寄せていたが、蓋を開けた瞬間までは良かったがやたら値段も高いし次第に魅力を感じなくなった。

 

パソコンはさておき、スマホは使えなくなったら買い替えさせてほしい。スマホなしに闘病はできない。

今は不自由なくiPhone7が動いているのでよいが、壊れたり不具合が出た場合は多めに見て欲しい。その時にはiPhoneSE並みのコンパクトな機種が登場していることを祈りつつ、今のiPhone7を大事に使い続けます。

 

<クイックアクセス>

先にコメントを見る


パソコンで心霊現象⁉突然の音

久しぶりにScary mazeをプレイして例の難所で悲鳴を上げた訳ではない。

  

サブブログと化した補助人工心臓を背負ったサラリーマンのブログにてパソコンの中身を弄った様子を書いたが、もともとは電源の入っていないパソコンのファンがいきなり回りだすという怪奇現象の原因を特定することが主たる目的だった。原因箇所の特定と応急処置が完了したので備忘録として書き残して置く。

勝手に電源が入る?

 以前よりパソコンの電源を落としてから数時間すると、いきなりファンが唸りをあげて回りだすという怪奇現象に見舞われていた。いろいろと面倒だったので、Windowsのシャットダウン後に電源ユニットのスイッチからオフにしていました。

実際には面倒という建前であり、電源ユニットかマザーボードのどちらかの異常が原因だろうと感じていたので出費に目を背けたかったのが大きな理由でもある。

火事になったら大変!?勝手にファンが回りだす原因を考える

 中途半端に古いパーツ類なので調達額に対してのメリットが少なく、このまま騙しながら使いたいのが本音だ。とはいえ年末にパソコンから火が噴いて、家が全焼することになったらもっと嫌なので、原因特定だけはしておくことにした。

 

  • パソコンの蓋を開けて音の発生個所を探す
  • 一つずつファンを止めて音の変化を確認

 側面のパネルを外してパソコンの電源を入れると、より一層ファンの音が大きく聞こえる。髪の毛が巻き込まれないように電源・CPU・吸排気ファンへ耳を近づけるが、どれが一番うるさいのか違いが分からない。というより、どこを聞いても同じようにうるさく感じてしまった。

電源を入れたまま各ファンを棒や指で直接止めて、音の変化を確認してみたが首をかしげる結果となった。どのファンを止めても気になっている大きなファンの音が消えない。

 

 

一体どこからか聞こえるんだ?

 

そう思いながら部品がむき出しになったパソコンを遠くから眺めてみたら気が付いた。一旦、遠くから眺めてみるって大事ね。

グラフィックボードが騒音の原因?

 グラフィックボードに風洞版?が付いているのでファンの存在を目視できていなかったが、よく確認したらファンが取り付けられていた。(当然といえば当然かもしれません)

早速、動いているファンを指で止めてみたら正解、見事に「サーー」というファンのうるさい音が止まった。とりあえずグラフィックボードの動作状況をモニタしてみたところ、YouTube閲覧時でもファンの稼働率は「10%」と記録されていたが、回転数は「3300rpm」というような目を疑う数字をたたき出していた。比較にはならないが扇風機の「強」でおおよそ1500rpmほどだ。

 

 

 普通のグラフィックボードであればチップの温度によってファンの回転数を制御していますが、どうやらそれらを無視してファンが全力で動いている様子。グラフィックボードのファンコントロールもしくはファンの配線に異常がありパルス変調ができていないのでしょうか。そのような状態であれば根本解決はグラフィックボードの交換しか手がないためこれ以上の原因追及は無意味と感じた。とりあえず大電流の箇所に異常があるわけではなさそうなので、うるさいファンをどうにかすることに専念した。

手を入れる前にモニタリング

パーツへ手を入れる前に室温23度の状態で動画書き出し時と3Dゲームを走らさせてチップの温度変化を記録してみた。

  • Youtube閲覧時:最高27度
  • 動画書き出し時:最高65度
  • 3Dゲーム時:最高70度

常にファンがフル回転しているので、チップ温度は適切な範囲に収まっていると思う。暑くないのに扇風機を「強」で動かしているような状態ですから…

ファンは独自形状で導風板?の台座にもなっているため汎用品で置換することができない。無理やりではあるが手元にあるエナーマックス製80㎜ファンを吸気方向で重ねて取り付けてみた。(純正ファンは基盤からコネクタを取り外し、追加ファンはケース内から電源を確保)

ファン追加後の温度変化

 3Dゲーム時に75度を記録したが、それ以外は以前と同じように何ら問題ない温度変化だった。下記はファン追加後にグラフィックボードをモニタした様子。

基盤のファンコネクタには何も刺さっていないので、Fans PWMが100%になろうが回転数はゼロ表示のままだが異常ではない。

とりあえず原因の特定と暫定対応ができたので、しばらくこの状態で様子見とする。

壊れたらグラフィックボードの出費だけは勘弁してほしい。

 

 心臓移植が終わって再び働きにでるまでは今のパソコンに頑張ってもらいたい。

facebookコメント