· 

臓器移植後に口にしてはいけない食べ物とその理由

大掃除で窓ふきをする様子

 早いもので、12月も残り半分を過ぎ2017年もあと僅かとなりましたがいかがお過ごしでしょうか。東京都ではインフルエンザの流行宣言がだされましたが、私のような持病を抱える方のみならずとも警戒が必要な時期となりました。

そろそろ大掃除も始めないと年内のゴミ捨てに間に合わない状況になるため、私も可能な範囲で始めています。
とりあえず冷蔵庫内の廃棄は完了、自室もおおよその目途がつき浴室は天井を含めて掃除を完了。(VADを装着してどうやって掃除をしたのかはご察し下さい)

移植後に服薬する免疫抑制薬と柑橘類について

 臓器移植後に服薬する薬については経験者からのお話し、書物などで少しばかりの知識は持っているつもりですが、気になったことがあったので書いてみる。昨日、無事に今年最後であろう外来日を無事に終えることができました。一時期心配だった胸の傷も採血結果も良好なことがなによりですが、今は自身の身体以外のことへの心配が尽きません。 

免疫抑制薬について書こうとおもった小さな切欠

悪魔のおにぎりとアーモンドミルク

 昼食は院内ローソンで購入した悪魔のおにぎりアーモンドミルク。どうでもよいが悪魔というネーミングにしては両方合わせても約300kcal、カロリー的には小悪魔程度だと思った。

そんなことでカロリーに少しばかり余裕があるので甘いおやつも買っていた。買うつもりはなかったのだが目に付いたら欲しくなり手に取ってしまった次第、典型的なダイエットに不向きな性格だ。

この甘いおやつを切欠にして免疫抑制薬について触れてみたいと思った。

臓器移植後の免疫抑制薬の必要性

 私の心臓移植後には免疫抑制薬を服薬しなくてはならない。なぜ心臓移植後に免疫抑制薬を飲まなければならないのか?誤解を与えぬよう日本移植学会のホームページで説明されている文章をそのまま引用する。

 

================

免疫抑制薬を飲まないと、頂いた臓器を自分の免疫担当細胞や抗体が攻撃して傷めてしまいます(拒絶反応といいます)。そのため、一部の臓器移植を除いて、移植を受けた患者さんは一生免疫抑制薬を飲まなくてはいけません。

また、免疫抑制薬を飲むと、病原体(細菌、カビ(真菌)、ウイルスなど)からの防御機能が低下するので、感染症に罹り易くなります。そのため、いろいろな日常生活の制限が必要ですので、移植待機中にしっかりと勉強しておくようにしましょう。移植後守らなければいけないことが一杯あって大変なことも多いと思いますが、臓器を提供していただいたドナーを想えば、その臓器を大切にできるでしょう。

 

================

 

 漫然と処方された免疫抑制薬を飲んでいればよいわけではなく、色々と注意が必要なこともあります。もちろん病原体に近づかない、増やさないといった悪者への対策も必要で、生活環境の掃除は欠かせない。そして、分かりやすい制限の一つに絶対にグレープフルーツを食べてはいけないというものがある。なぜグレープフルーツを食べてはいけないのか?簡単に説明すると免疫抑制薬の効き目に影響し、その効き目の変化が合併症を引き起こす原因となる可能性が高いからだ。

免疫抑制薬の血中濃度を適正に保つべき理由

 まさか私自分が心臓移植をしなければならないなんて夢にも思わなかったが、免疫抑制薬を飲むと「風邪にかかりやすくなるんでしょ?」くらいの認識はあった。私も勉強中の身なのでシッカリとした説明はできないが、移植後は免疫抑制薬の血中濃度を適正に保つ必要があり、高すぎても低すぎてもいけないと認識している。

 

  • 免疫抑制薬の血中濃度:高

この辺は実際に臓器移植を受けられた方に細かいことを教えていただきたいです。免疫抑制薬の血中濃度が高くなると必要以上に自身の免疫を抑え過ぎてしまい感染のリスクが上がってしまうという。

グレープフルーツなどの食品を口にすると相互作用で免疫抑制剤の血中濃度が高くなってしまうのは有名な話だ。

 

  • 免疫抑制薬の血中濃度:低

拒絶反応を起こす可能性が高まるとのことです。免疫抑制薬の飲み忘れなどは想像できるが、そのほかの具体的な事例はあまり知らない。

免疫抑制剤とグレープフルーツの関係

 私でも知っている免疫抑制薬としてプログラフ、グラセプター、ネオーラルがある。グレープフルーツ内に含まれるフラノクマリン類はそれらの医薬品と相互作用(医薬品の成分と干渉し、意図しない効果を生み出す)がある。

単純に記載すると移植後=グレープフルーツ禁止という図式が成り立つのではないか?私はそのように認識している。

 

 私はグレープフルーツが好きなわけではないので、食べれなくなったところで気にはなりませんが、世の中には加工食品で溢れかえっている。補助人工心臓を植込んでからは栄養成分表示に記載されるカロリーやナトリウム量以外に原材料名をチェックすることが多くなりました。そしてグレープフルーツの文字も多く見ました。

世の中はグレープフルーツで溢れている?

 私が好んで口にする加工食品でグレープフルーツ使用率が高いだけかもしれませんが、よく原材料名に記載されてる。具体的にどのような加工食品に注意が必要かは医師や先輩移植者に教わらなけらばならないことでしょう。

 

ちょっとだけならいいんじゃない?

 

そう思いたいが、絶対にダメとのこと。 それは免疫抑制剤の治療有効域が狭く、少しの相互作業でも問題となり日数も長く影響するそうです。(あってますか?)


文旦はグレープフルーツと同じ扱い?

 院内ローソンで購入したおやつの話に戻ります。購入した品は写真の「ボンタンアメ」である。幼い頃はオブラートが苦手だったので好んで食べはしなかったが、今は好きな品である。好きではなかった和菓子や牡蠣が大人になると大好きなった、成長に伴う味覚の変化は不思議である。

 

ボンタンと文旦(ブンタン)の違いがよく分かっていなかったが、どうやら地域によって呼び名に差があるようだが、ざっくりと文旦と理解してよい。

調べたらそもそもグレープフルーツは文旦とオレンジが自然交配し、文旦の特徴を多く引き継いでいるとのこと。

 

ボンタンアメは心臓移植後は食べられないのか?

だったら食べ収めしとかなきゃ!!

 

安易な考えが頭によぎり手に取ってしまいレジカウンターまで持っていってしまった次第だ。甘いものが食べたいだけではない理由があった!!そうカッコよく書いておく

レモン、カボス、温州みかんは大丈夫?

 先に書いた相互作用を起こすフラノクマリンが含まれていなければ大丈夫とのことです。しかし、意外と文旦との交雑で生まれた柑橘類は多いので移植後は注意したいところだ。そして、私にはもう一つの疑問がある。

近年で柑橘系の香りがついたフレーバーウォーターが多く陳列している。そこには二つのタイプがあり「果汁入り」と「エキス入り」だ。

 

果汁とエキスの違いはなんぞや?

 

 私の頭を混乱させた表示が「い・ろ・は・す 温州みかん」だ。原材料名には温州みかん「エキス」と書いてあるが、ラベルの隅には「無果汁」と記載されている。温州みかんから何らかの方法で抽出したものがエキスであることは知っていたが、薬の作用には影響するのか?そのようなことが頭をよぎった。

詳しくは医師に確認してほしいが、私が調べた限りではNGと理解した。しかしラベルに「なんとかエキス」と書かれていれば自身で避けようもあるが「香料」と書かれてしまうと難易度が格段と上がる。そもそも香料と書かれる範囲に入るグレープフルーツは問題となるのだろうが?私には分からないので「疑わしきは口にしない」が賢明な判断だと理解している。

 

 

とはいえ、移植後の食生活に悲観しているわけではありません。グレープフルーツが食べられないことより、補助人工心臓の合併症から逃れ、介助者いらずの生活になるほうが数百倍にも嬉しいです。

 なお、見出しに書いたレモン、カボス、温州みかんは免疫抑制薬へ影響しないとのことです。

 

 

移植後に飲んではいけない飲料

レッドブルのオーガニック炭酸飲料 ジンジャーエール

 同じく院内ローソンで手に取ってしまった商品がレッドブルのジンジャーエールだ。オーガニック炭酸飲料と書いてあって何だか身体によさそうな印象もあるが、その内容を確認してみると次のように書いてあった。

 

名称:有機炭酸飲料

原材料名:有機砂糖、有機濃縮レモン果汁、有機カラメルシロップ/炭酸、香料

 

これだけみると何ら問題ないように見えるのだが、気になる表記があった。

植物エキス(ジンジャー、ベルガモット、レモン)が記載されている写真

植物エキス(ジンジャー、ベルガモット、レモン)入りオーガニック炭酸飲料

 

ベルガモットは冒頭の写真で掲載しているライム色の柚子のような見た目の果実だ。ベルガモットはマンダリンオレンジとダイダイ(グレープフルーツとブンタンの交雑種)の交雑種であるらしい。

何だか複雑だが、ベルガモットはグレープフルーツの血を引いているようだ。詳しくは調べられていないが、ベルガモットにもフラノクマリン類は含まれているのか?

今の私は問題ありませんが、移植後では「疑わしきは口にしない」に引っかかる品の一つでしょう。そう考えるとジンジャーエールより好きな「トニックウォーター」も怪しい気がしますが、どうなんでしょう。

 

免疫抑制剤を服薬することによる食品の制限以外に癌の発症などへの心配もありますが、それ以前に心臓移植までの待機期間を無事に過ごせるかどうかが一番大事です。

 

 

最後に

 

本記事は医療従事者の監修ではなく臓器移植待機者である一個人が書いたものです、ご理解ください。また、訂正が必要な箇所がありましたら「やさしく」ご指摘ください、可能な限り訂正します。

年内に公開できるか?

時間があるときにコツコツと作ってます、年末あたりに出せるとよいなぁ

facebookコメント