ブログカテゴリ:心と気持ち



2020年 · 2月 16日, 2020年
補助人工心臓体験記へ訪れていただきありがとうございます。皆様にとっては急なことかも知れませんが、本日を持ちまして補助人工心臓体験記への新規ブログ記事投稿を終了します。

2020年 · 2月 13日, 2020年
2015年2月13日に補助人工心臓EVAHEARTの植込み手術を受けて丸5年を経過した。山あり谷あり、喜怒哀楽の多い生活を過ごしてきたわけだが、今こうしてブログを更新できる状況にいることを周囲に感謝したい、そして「よく頑張ったな俺!」と自分自身を労ってあげたい。 周囲からは「もう少しだね」「あとひと頑張り」といった激励の言葉をいただく機会もありますが、本人としても「もう少し頑張ってみよう」と思っているところではあります。そして、補助人工心臓6年生となった私のリアルな身体状況と補助人工心臓体験記の終わりについて書き残しておく。

2020年 · 1月 18日, 2020年
東京でも雪が舞った1月18日、拡張型心筋症で補助人工心臓(VAD) EVAHEARTを植え込んでから1800日目を迎えることができた、はたして補助人工心臓生活は2000日を超すのであろうか?

2019年 · 12月 16日, 2019年
拡張型心筋症という難病、補助人工心臓を植え込み心臓移植の機会を待つ日々。サラリーマンを辞めました。

2019年 · 7月 24日, 2019年
心臓病に限らず病状が深刻になれば眠れなくなることもあるでしょう、それは病気からくる不安や身体症状だけが原因ではないでしょう。 私はいまでも睡眠障害が続いています。

2019年 · 4月 22日, 2019年
2019年3月は9名の方から臓器提供がありました、私はご本人やご家族の出した答えに敬意を表します。また、彼らの夕日は誰かの朝日となり、再び世界を明るく照らしてくれることを願います。では9名の夕日はいくつの朝日を生み出したのだろう?

2019年 · 3月 31日, 2019年
私の「生活の質・QOL」はどの程度のものか?そもそも「生活の質」とはなんぞや? 身体状況が悪化した今、私のQOLはどのように変化しているのだろうか?具体的な事例とともにまとめてみた。 私のQOLを下げている要因は 1.行動制限の増加 2.「痛みの出現頻度」の増加 3.自由時間の低下 ・全国のVADを装着されている方へ ・創部の悪化を経験したことのない方へ

2019年 · 3月 27日, 2019年
補助人工心臓を植え込んだ私にとって、昨日の日経メディカルで気になる見出しの記事が掲載された。詳しい内容はわからないが、おそらく触れられていないであろう一患者のモヤモヤした気持ちを書き出しておく。 ・補助人工心臓の適用対象拡大は良いことだ -心臓移植の適応条件 -心臓移植の除外条件 ・日々を元気に過ごしたいという願い -植込み型補助人工心臓をつけてる私は元気なのか? -VADという医療機器の限界はどこにある? -VAD装着時の誓約も変わる? ・持続可能性を持つ医療への成長を望む -他国の臓器提供事情について<オランダ> -「オプト・イン」と「オプト・アウト」の制度の違い -「オプト・アウト」の代表国 スペイン

2019年 · 2月 24日, 2019年
心臓移植待機者の入院生活。iPhoneのカメラを回し続け、iPhoneで編集しYouTube投稿。

2019年 · 2月 21日, 2019年
私はいろいろな過ちを犯してきた、そして失敗した。読んでいただき、それぞれが考えていただけたら幸いです。

さらに表示する