自分の臓器のモデルを簡単に3Dプリンターで出力できるようになるかもしれない

医師は患者の症状を検査するためにMRIやCTのスキャン画像などの2次元データを用います。しかし、3次元データである立体モデルを出力できれば、医師が症状を判断する助けになるだけでなく、患者自身が自分の体の状態を正確に理解するのにも大きく役立ちます。MITとハーバード大学の研究者らが、MRIやCTのスキャンデータから素早く3Dモデルを作り出せるようになる新しい手法を開発しています。