医療費助成停止、十数万人か

今年1月から制度変更に伴い軽症者は制度の枠外に置かれ

 難病患者への医療費助成制度が今年1月に変更されたのに伴い、助成継続が認められなかった軽症の患者が少なくとも39府県で約5万6000人に上ることが、毎日新聞の調査で明らかになった。