15歳未満の臓器提供と心臓移植のウソ?ホント?

某TW民

日本では、臓器提供に関して意思を表示するための「ドナーカード」を15歳未満は持つことが出来ない。これは、民法で「満15歳未満の遺言は無効」と決められているため。このため、小児の心臓移植手術は外国に行かないと受けられない。

Satoru Ishii

確かに外国へ心臓移植へ行かなければならに小さな子供たちはいらっしゃいます。
本当に15歳未満だから海外へ行かなければならないのでしょうか?要点を分けて考えてみましょう。

・15歳未満のドナーカード保持
・15歳未満の意思表示の有効性
・小児の心臓移植手術は海外でないと受けられない

そもそもドナーカードの実物ってみたことありますか?

某TW民

あの黄色いカードのことでしょ?一時期コンビニのレジにも置いてあった気もするけど。

Satoru Ishii

このカードのことですか?

某TW民

多分それだったと思う。今は置いてないですよね?

Satoru Ishii

確かにこの黄色のカードは置いていません。
補足させていただきますとカードには「意思表示カード」と書いてあります。

某TW民

15歳未満は持てないんでしょ?

Satoru Ishii
意思表示カードは年齢に関係なくどなたでも所持できます。意思を記入しておくこともできます。
しかし、15歳未満の本人が書面で意思表示を残しても、法的にはその意思表示は有効にはなりません。
Satoru Ishii
細かな点を省略しますが、このような内容になります。
某TW民

やっぱり15歳未満は臓器提供できないから海外へ行かなきゃいけないんでしょ?

Satoru Ishii
確かに「当時は」は15歳未満からの臓器提供はできないため、小さい子供たちは臓器提供を受けることが難しい状況でした。
なぜ小さい子供たちは臓器提供を受けることが難しいのかというと、大人の大きな臓器は身体の小さい子供たちに入らないからです。したがって、小さな臓器が必要な子供たちへの心臓や肺の移植は不可能で、多額の募金を集めて海外に渡航移植をする子供が後を絶ちませんでした。
しかし、2010年に改正臓器移植法が施行されたことで15歳未満の方からの脳死での臓器提供も可能となりました。
某TW民

矛盾していませんか?15歳未満の意思表示は法的効力がないんでしょ?

Satoru Ishii
15歳未満の意思表示は法的効力がありません。しかし、改正臓器移植法ではこのように変更されました。
本人の意思が不明な場合には、家族の承諾で臓器が提供できることとなりました。これにより、15歳未満の方からの脳死での臓器提供も可能となり、小さな子供たちが移植を受ける機会が設けられました。
Satoru Ishii
つまり、貴方の投稿を添削するとこのようになります。
Satoru Ishii
15歳未満の臓器提供意思表示に法的効力は無いが、2010年の法改正で本人の意思が不明な場合、家族の承諾で臓器提供が可能となった。 小さな子供たちも日本で心臓移植を受ける環境が設けられたが、臓器提供の正しい理解が浸透しておらず、海外へ頼らざるを得ない状況もある

Satoru Ishii
ツイートは大きなウネリを作り出す力にもなります。次回からはぜひコチラの内容でツイートいただくようご協力をお願いします。

日本臓器移植ネットワーク

提供と移植に関する権利

http://www.jotnw.or.jp/studying/1-2.html

日本臓器移植ネットワークHPより 提供と移植に関する権利


意思表示カードの主な設置場所

現在は緑色の意思表示カードが都道府県市区町村役場窓口、一部の病院・イオン店舗などに設置されています。

臓器提供意思表示カード(表面)
臓器提供意思表示カード(表面)
臓器提供意思表示カード(裏面)
臓器提供意思表示カード(裏面)

様々な意思表示方法

健康保険証、運転免許証、マイナンバーカードに意思表示欄があります。そこへご自身の意思を表示ください。

意思表示欄への記入方法はコチラ


日本臓器移植ネットワークの臓器提供意思登録サイトではインターネットからの意思登録も可能です可能です。

あなたへのおすすめコンテンツ